占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:60 hit、合計:38,691 hit

ページ9

.









「っ、ほら…!もっと喘ぎなよ可愛い声で…っ」

『ひゃあっ、きもち…い!ん、んぁっもっ、と激しく…してぇっ』









「動画撮っといて正解だったな〜」

『…及川くんの変態』

「Aちゃんだってそうでしょ!」









さっき撮った動画を確認していく

うわー、えっろ…









「Aちゃんえっち上手だね」

『いやそんなこと言うなら及川くんもね?すっごい気持ちよかったもん』









俺のスマホを覗き込んでくるAちゃん

シ終わったあとだから下着と俺のシャツ1枚で無防備にボタンを2つくらい開けて。









ムラッ








「…なんかもっかいしたくなってきた」

『ええ、及川くん欲求不満ですか?』

「さっき満たされたけど格好みたらムラッときた」

『だってこの格好楽なんだもん…しかも今10時だし。する前にお風呂入ればよかった…ベタベタ』

「俺ので??」

『汗です』









そんな会話をしてからAちゃんをお風呂に移動させる。

明日また学校だし今帰らせるのは危険だし。









「俺の着替え置いといてやるからゆっくり入りなー。親いないし!」

『わかった!ありがとっ …私がいないからってさっきの動画でヌいてたりしないでね??』

「…否定出来ない」

『あははっそしたら私が手伝ってあげるー』









そう言ってからAちゃんはお風呂場の戸を閉めた

…ほんとにヌいてよっかな


自室に戻りベットに寝転がる
布団から微かにAちゃんの甘い匂い。…やばいこれでもヌける

しばらくじっ…としてると鳴り響く着信音









「びっ…くりした Aちゃんの携帯…?」









そこにかいてあったのは


"菅原孝支"


思わず手が出そうになったけど、俺はその手を引っ込めた









「…爽やかくん、厄介だなあ」









俺の独り言はやけに低い声に聞こえた

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
364人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ももの缶詰(プロフ) - 解凍まぐろさん» 了解しました!ご指摘ありがとうございます (10月24日 19時) (レス) id: 5fa6f0667b (このIDを非表示/違反報告)
ももの缶詰(プロフ) - なかむらさん» わかりました!ありがとうございます! (2018年10月21日 20時) (レス) id: 5fa6f0667b (このIDを非表示/違反報告)
解凍まぐろ(プロフ) - コメント失礼します。他の方も仰っていますが、表現がR18っぽく、全年齢だとそれ以下の方も見てしまえる状況ですので、フラグをたてて頂けたら幸いです。 (2018年10月19日 22時) (レス) id: 3d8ee83f3c (このIDを非表示/違反報告)
なかむら - 見てて恥ずかしくなります// それで、r18フラグは立てないのですか? ここだけの話、友人が作者様と同じ理由でフラグを立てず、炎上してしまいまして……汗 消えてほしくないので、フラグをたてて欲しいです!。。(〃_ _)σ‖ (2018年10月19日 21時) (レス) id: fafc4ece10 (このIDを非表示/違反報告)
ももの缶詰(プロフ) - エルさん» ありがとうございます!少しずつしかやってませんが更新頑張ります! (2018年8月23日 0時) (レス) id: 5fa6f0667b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ももの缶詰 | 作成日時:2018年6月30日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。