占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:27 hit、合計:38,421 hit

ページ6

.









合宿前日の放課後、部活のメンバーに挨拶しに行くためにAを体育館に呼んだ

まぁ毎年手伝ってもらってるし1年に紹介するくらいかな、と俺はモップをかけながら思う













『きたよー』









ガラガラと大きな音を立てて体育館の扉があいた









「おーありがとな」
『いえいえ。あんな怖い圧でこられたらそりゃいかなきゃ殺されるとおも…スイマセン』









Aもこりないな。大地にそんなこと言ったら何か言われるに決まってるべ









「集合!」

「「うっす」」









ズラァとAの前に部員が並ぶ

たじろいでんな、あいつ(笑)









「毎年合宿とか練習試合とか、清水が大変な時に手伝ってもらってる臨時マネージャーだ」

『星野A!3年2組で孝支の幼馴染です。まぁ知らないのは1年生だけかな?よろしくね』









外見が良いAは綺麗な顔をにこりと微笑ませた。
そして赤くなる日向と山口の顔。

あ、影山もちょっと綻んでる。月島でさえ、少し動揺した。









『あ、顧問は?だれ?』

「監督も、コーチも、もうすぐでくるよ」









俺がそう言うと途端にAの前で土下座をしだす西谷と田中









「ありがとうございまぁぁぁす!!!!」
「潔子さんとAさん、女神っス!!!!!!」

『あは、女神だって潔子』

「え?Aは神聖じゃないよね?」









はは、清水辛辣。よく分かってるな









『え、うん、そうだけどさ、女神だよ。女神級にかわいいってことでしょ?』

「さぁ」

『えっそーだよね?!』









あ、西谷に触った

その瞬間西谷は顔を真っ赤にしてバタりと倒れた









『…う、え?』

「ノヤっさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!」

「おいうるせぇぞ!!!お前……ら?」









…最悪なタイミングでコーチたちが入ってきた

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (80 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
362人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ももの缶詰(プロフ) - 解凍まぐろさん» 了解しました!ご指摘ありがとうございます (10月24日 19時) (レス) id: 5fa6f0667b (このIDを非表示/違反報告)
ももの缶詰(プロフ) - なかむらさん» わかりました!ありがとうございます! (10月21日 20時) (レス) id: 5fa6f0667b (このIDを非表示/違反報告)
解凍まぐろ(プロフ) - コメント失礼します。他の方も仰っていますが、表現がR18っぽく、全年齢だとそれ以下の方も見てしまえる状況ですので、フラグをたてて頂けたら幸いです。 (10月19日 22時) (レス) id: 3d8ee83f3c (このIDを非表示/違反報告)
なかむら - 見てて恥ずかしくなります// それで、r18フラグは立てないのですか? ここだけの話、友人が作者様と同じ理由でフラグを立てず、炎上してしまいまして……汗 消えてほしくないので、フラグをたてて欲しいです!。。(〃_ _)σ‖ (10月19日 21時) (レス) id: fafc4ece10 (このIDを非表示/違反報告)
ももの缶詰(プロフ) - エルさん» ありがとうございます!少しずつしかやってませんが更新頑張ります! (2018年8月23日 0時) (レス) id: 5fa6f0667b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ももの缶詰 | 作成日時:2018年6月30日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。