検索窓
今日:7 hit、昨日:1 hit、合計:2,424 hit

日常 ページ2

ジリジリ
ジリジリ

いつもの目覚ましで目が覚めた。
「さあ、今日もお姉様達が起きて来るまでにご飯を作っちゃわなきゃ」
いつものようにみんなとご飯を作り始めた



ちなみに『お姉様』というのは血の繋がった 実の姉 と言う訳ではない
私のいる孤児院の職員の呼び名だ
全員『お姉様』なんて歳じゃないと思うけどw




「これ運んでくれる?」
「はーい」

今日も無事にお姉様達が起きてくる前に食事の準備が出来そうだ

ゴーンゴーン

あ!
起きてくる

お姉様達がおきてきたら私達は




喋ってはいけない

日常2→←一話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.0/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2022年6月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。