占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:399 hit

ピアノが置かれた理由6 ページ6

「お冷やのおかわりはいかがですか?」
そこへちょうどいいことに、マスターがやってきた。全員の視線がそちらを向く。
ピアニストが一番気になっていたのだろう。真っ先に口を開いた。
「マスター、あのピアノっていつからあるんですか?」
その質問にマスターはきょとんとし、それからしばし考えるように立てた人差し指と目線を上に向ける。やがて、首を傾げた。
「そういえば、いつからでしょう?」
宛てにしていた全員が拍子を抜かれる。おいおい、と眼鏡が声をかけた。
「お前さんは親父さんの頃から店のことは見ていただろう? それが知らないとはどういうことだ。しっかりしてくれよ」
「うーん、そう言われましてもねぇ。父が継いだときには既にあのピアノはありましたし……」
となると、この店にピアノが搬入されたのは何十年も前ということだ。眼鏡たちの年齢では足りないほど長生きということになる。

ピアノが置かれた理由7→←ピアノが置かれた理由5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:はなむけ , バー , 大人テイスト   
作品ジャンル:純文学, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:九JACK | 作成日時:2019年10月25日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。