占いツクール
検索窓
今日:84 hit、昨日:200 hit、合計:52,967 hit

No.23 ページ24

少女が鬼に成りきれなかったのは、1人の少年が深く係わっていた。


1人の少年の存在が、少女を人間に保っていた。

死にたがりの少女に生きる希望を持たせてくれた。



しかし、正体が暴かれ。


もう彼とは会えなくなってしまい。



少女を紡いでいた人間の一線は。


簡単に、ぷつんと切れた。





鬼と人間は一緒になれない。


そういう運命なのだ。


食うか殺されるか、どちらかしかない。



『…』



絶望に濡れて帰った少女を見て、男は口角を上げる。



男の名は鬼舞辻無惨。


彼は鬼の始祖であり_人の命を簡単に奪う悪魔であった。

彼が好きなものは"不変"。物事の変化を嫌った。




しかし、例外に、少女の"変化"を愛した。




「おかえり_A」


なぜなら、これでもう少女には自分しかいないのだから。



___


2年前

__《「…知ってる?そこの大きな御屋敷の…」


「…外向きはいい人達だけれど、屋敷では…」


「…きっと娘を…」


「Aちゃんね…身体が××かったのに、あんなに……


いつか___」》





予告→←No.22



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
90人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸 , 鬼化
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2020年1月23日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。