占いツクール
検索窓
今日:347 hit、昨日:107 hit、合計:130,676 hit

ページ14

丸山side




丸「…今から一緒に、歯医者さん行ける?」


「…っ…知らない、先生のところ…?(泣)」


丸「え?ちゃうちゃう!僕の歯医者さん。

ここから歩いてすぐやし。

Aちゃんは

僕の大切な、患者さんやから…。」


「ぐすっ…わたしのこと、

また診てくれるんですか…?(泣)」


丸「当たり前やん!」



逆に何で違う先生の歯医者さん
連れて行かれる思うたのか疑問やわ(笑)



丸「僕がちゃんと痛いの治してあげる。

やから、頑張って一緒に行ける?」


「…っ…はい…(泣)」


丸「…よし、偉い^^(撫」



Aちゃんと一緒に
お友達と座ってたテーブルに戻ると
みんな心配そうに声をかけてくれる。


同時に僕に向けられる"誰?"っていう視線。



◇「A!どうしたの?大丈夫?」


「…っ…ごめん、今日はもう帰るね…(涙)」


◆「どうしたの急に…何かあった?」


「…っ…ごめん…(涙)」


丸「…ごめんなぁ、

Aちゃん体調悪いみたいやねん。

あ、僕はAちゃんの知り合いで…」


◇「確かに顔色悪いもんね…

もしかして最初から体調悪かったんじゃ…」


◆「え、そうだったの?

無理して来ないで連絡くれればよかったのに…」


「うん……ごめんね…(涙)」


丸「Aちゃんは

ちゃんとお家まで送り届けるから。

あ、これでAちゃんの分含めて

お会計してな!」


「えっ、ちょっ…(汗」



ちょっとカッコつけすぎかな?って
思ったけど、Aちゃんたちのテーブルに
諭吉さんを1枚置いて。


Aちゃんの手を引いて
次は自分のテーブルに向かった。



丸「ごめん、信ちゃん!俺…」


『…何や今日は上の空やなぁ思うてたら

そういうことかいな(笑)』


丸「ほんまごめんな?

ここ、俺払っとくから…」


『…いや、ええ。今日は俺の奢りや!

…それより、頑張りや。マル。』


丸「…ありがとう。」



昔からの友人である彼は
Aちゃんのこと説明せんでも
だいたい分かったんやと思う。


…少なくとも俺が
Aちゃんに惹かれてることは。



丸「よし、Aちゃん。行こう^^」


「…っ…(涙)」コクン


『アホやけどほんまええヤツなんで。

マルのことよろしく頼んますぅ!』


「えっ…あっ…は、はい…っ…(涙)」



もう信ちゃん…
余計なこと言わんでええのに…っ。


AちゃんもAちゃんで
何で返事するんよ…期待してまうやん。

□→←□



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (108 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
309人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 病院 , お医者さん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

∞ゆず丸∞(プロフ) - 琴子さん» 細かく書きすぎて、1つのシーンなのに長くなっちゃうの、私の悪い癖なんですよね…(._.) こちらこそ、琴子さんからのリクエスト全然書けなくてすいません(><)もうしばらくお待ちください…。 (1月3日 17時) (レス) id: 5e380d9365 (このIDを非表示/違反報告)
∞ゆず丸∞(プロフ) - 琴子さん» 琴子さん、明けましておめでとうございます!こちらこそ昨年は(昨年も、ですね 笑)お世話になりました。今年も変わらずお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 (1月3日 17時) (レス) id: 5e380d9365 (このIDを非表示/違反報告)
琴子(プロフ) - 入れられましたらお知らせします!新年早々から、お詫びする事で…また(^o^)/ (1月3日 5時) (レス) id: 6d94367748 (このIDを非表示/違反報告)
琴子(プロフ) - 優しい先生と怖がりな主人公。ひとつひとつの描写が心に思う事が、丁寧に描かれていて楽しいです!ボード返信まだですみません。 ボードと同時にと思いましたがなかなか書けないので、こちらだけ先に。  (1月3日 5時) (レス) id: 6d94367748 (このIDを非表示/違反報告)
琴子(プロフ) - 明けましておめでとうございます! 昨年はお世話になりました。 今年もよろしくお願いします(^-^) しばらくこちらで楽しませて頂きますね! (1月3日 5時) (レス) id: 6d94367748 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:∞ゆず丸∞ | 作成日時:2020年11月26日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。