占いツクール
検索窓
今日:16 hit、昨日:23 hit、合計:44,338 hit

▲▼ ページ3

.




白布くんと目が合うようになってなんだかんだ二ヶ月ぐらい過ぎた頃


私はもう目が合うことなど気にしなくなっていた




「白布くんと日直とか白布くん心の中で喜んでるんじゃない〜?」



相変わらず友達がニヤニヤしながら白布くんの事を話してくることは変わりなかったけど


友達曰く今日は白布くんと日直の当番があるらしい




そして放課後

白布くんとの日直の仕事が始まった


白布くんは学級日誌を書く係、私はプリントをまとめる係で分担して作業をする事にした


黙々と作業をしているその時だった





『宮下って牛島さんのこと好きだったでしょ』




「えっ?!?!何でそれを!!!」


思わず立ち上がって大声をあげてしまった



そう。私、宮下Aは


中三から高一の頃まで、牛島若利の事が好きだったのである





「てか、中学生の頃の話なんで知ってるの?!誰にも話した事ないのに!!!」




「宮下って中学の頃セッターだったでしょ、俺宮下の事知ってたよ」




少し笑ってそう言う白布くん





私は中学生の頃バレー部に所属していた


ポジションはセッター

優秀選手賞を取ったこともあるぐらいだったからそこそこ上手かったとは思う

高校では親に学業優先だと反対されたのと、私もそこまでバレーに熱があった訳ではないので、高校ではバレー部には入部しなかった

でも、バレーの観戦は好きだから春高の応援に行ったりはしている(先輩見たいからっていう下心もある)




「そうなんだ、私白布くんの事全然知らなかったよ笑」

「だって先輩の事ばっかり見てたもんね笑」

「バレてたか...」



白布くんに笑われて恥ずかしくなり思わず赤面してしまう私


「でも牛島さん上手いよな、俺も牛島さん見て白鳥沢入ったもん」

「分かる!!!バレーやってたら惚れちゃうよね」

「そうそう」


白布くんは打ち解ければ思ったより話に乗ってくれる子だった


「そうだ!私の事Aって呼んで!」

「わかった、俺も君付けしなくていいよ」


その日、白布くんと私は意気投合してメールアドレスまで交換してしまった



.

▲▼→←▲▼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
81人がお気に入り
設定キーワード:白布賢二郎 , 白鳥沢 , ハイキュー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

オっ(プロフ) - zundaさん» コメントありがとうございます!白布くんがいると今日も生きられますよね笑これからも頑張りますね〜! (4月22日 2時) (レス) id: 2ada51aebe (このIDを非表示/違反報告)
zunda(プロフ) - 白布くん大好きなので、めっちゃ良かったです!おかげさまで今日も生きられます!ありがとうございました!これからも頑張ってください! (4月19日 23時) (レス) id: d935223b8d (このIDを非表示/違反報告)
オっ(プロフ) - ikoyukiさん» コメントありがとうございます!幸せになってもらえてよかったです(笑)こちらこそ最後までありがとうございました_(._.)_  (4月5日 3時) (レス) id: b69468d840 (このIDを非表示/違反報告)
オっ(プロフ) - おにぎりさん» コメントありがとうございます(;_;)白布くんかっこいいですよね!これから期待に応えられるようにがんばりますね_(._.)_  (4月5日 3時) (レス) id: b69468d840 (このIDを非表示/違反報告)
ikoyuki(プロフ) - なんか、すっごい今幸せすぎです。ありがとうございます( ; ; ) (4月2日 21時) (レス) id: 84d07c0e7e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:オっ | 作成日時:2020年3月19日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。