占いツクール
検索窓
今日:118 hit、昨日:95 hit、合計:9,646 hit

134話 ページ40

イ「とりあえず、外に出ようか」

イタチさんの言葉にナルトくんは素直に従った

鬼「ちょろちょろ動きまわられても面倒ですし、縛っておきますか?」

「それならすぐにわたしの術で…」

そのとき、わたし達の背後に気配を感じたのでそちらを振り向く

「……サスケくん」

そこに居たのはサスケくんだった

サス「A! なんでお前がこ…こに…」

サスケくんの視線がわたしからゆっくりと離れてイタチさんの方に向かう

イ「久しぶりだな…サスケ…」

サス「うちは…イタチ」ギラッ

サスケくんはイタチさんを睨みつけた その顔からは怒りと憎悪を感じる

『最悪の展開…まさかサスケくんがここに来るとは思わなかった』

鬼「ほぉ…写輪眼 それもイタチさんのと似ている 何者ですか?」

イ「俺の…弟だ…」

鬼「おや? うちは一族は皆、あなたが殺したと聞いていましたが?」

その質問に答えず、イタチさんはサスケくんと向き合う

サス「アンタの言ったとおり、オレは今までアンタを憎み、恨み、そして殺すためだけにオレは、生きてきた!」バリッ バチバチ

ナ「サスケ!」

サスケくんの手から雷のようなチャクラが眩く光っている カカシさんの雷切と同じ

「あの術は! カカシさんの!」

イ「千鳥?…」

サス「イタァチィィィイ!!」

サスケくんは壁を削りながらイタチさんに飛びかかる
しかし、イタチさんはその攻撃を簡単に防いだ

鬼「さすがはイタチさん…ん?」

今度はナルトくんの方から禍々しいチャクラを感じる

鬼「なるほどぉ…これが九尾のチャクラですか なんとも禍々しいですねぇ」

ナ「口寄せの」ピタッ

「惜しかったね、ナルトくん」

わたしはナルトくんの背後に回り首筋に刀を添える

「あまり、抵抗しないで」

ナ「A…なんで…」

サス「ナルト! クッ…離せ!」

イ「邪魔だ」ボキッ

サス「がぁぁぁああ!」

イタチさんはサスケくんの左腕を折り、ナルトくんの方へ向き直る

イ「これ以上の長居は危険だ、早く連れていくぞ A」

「うん」

わたしが印を結ぼうとしたそのとき


ボンッ! と音と同時にわたしの後ろから煙が立ち込める

「!?」

そして後ろから声が聞こえてきた

自「お前さん達、ワシのことを知らなさ過ぎじゃのォ 男、自来也 女に口説かれるより口説き落とす方がめっぽう得意ってなァ」

そこに居たのは、紛れも無い自来也さんだった

135話→←133話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
28人がお気に入り
設定キーワード:NARUTO , , オビト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:溝呂木 | 作成日時:2019年9月14日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。