占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:1 hit、合計:282,577 hit

38 ページ38

凛「うーみー!!!」



勝利「凛さん、テンション高い!笑


前と違う!笑」




私「これがいつもの凛だよ。笑」





結局私達三人と、




風磨、美勇人、勝利くん、安井くん、樹くん、大我、高地くん。




総勢十人での一泊旅行になった。




風磨と凛が勝手に決めてた。笑





舞台で忙しかった美勇人は、




久しぶりの休みらしい。





大我「A!久しぶり!」



私「久しぶり!相変わらず白いな!笑」



大我「お互い様!笑」





大我は美勇人と仲良いから、




自然と私も仲良くなった。





風磨「A!ちょっと来て!」




離れた所で騒いでる風磨に呼ばれ、




美勇人に助けを求める。





私「嫌な予感しかしない。」



美勇人「あのテンションの高さが怖いな。笑」



風磨「シカトしてんじゃねーぞ!早くしろよ!」




大我「従った方が身の為だよ。笑」





そう言われて、




風磨と安井くんがいるところに向かった。






私「何?」




そう言った瞬間、




抱きかかえられて肌が触れたと思ったら、





ボートの上に降ろされた。






風磨「行くぞ!」



安井「よっしゃー!笑」



私「はぁ!?待って!意味わかんない!」



風磨「動くと落ちるぞ。笑」





そのままボートを引っ張られて、




どんどん置くへ連れていかれる。





安井「やべー!俺、足届かねー!笑」




そう言ってボートに捕まるから、




バランスが悪い。





私「安井くん!手離して!笑


ボートひっくり返る!」




安井「はぁ!?笑


俺、溺れんぞ!笑」




そんな中でも更に進むボート。





風磨「やべー!俺も足届かねぇ。」




私「ちょっ!風磨ボート掴まないで!手離して!ってか離せ!

本当離して!!」




風磨「何で俺の時はそんなガチなんだよ。笑」




バランスが悪すぎるから、




無理矢理風磨の手を離そうとした瞬間、





そのまま三人でひっくり返った。





反対になったボートに捕まってる風磨が




何も言わず私を背中におんぶしてくれる。





ちょっとだけドキドキしたけど、




それは秘密。






私「もぉ最悪!!」



安井「俺もだよ!」



風磨「間違いない。笑」




結局頭までびしょ濡れになった私達を見て、




他のメンバーは爆笑。





ムカつくから凛と晴をボートに乗せて、




勝利くんと樹くんに預けた。笑

39→←37



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (208 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
336人がお気に入り
設定キーワード:菊池風磨 , 中島健人 , 森田美勇人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ティアラ★彡 - この小説大好きですヾ(@⌒ー⌒@)ノ 更新頑張ってください(((o(*゚▽゚*)o))) (2013年10月20日 3時) (レス) id: f11e9e690a (このIDを非表示/違反報告)
るあ - 安井くんもライバルにしてほしいです(>_<)更新頑張って下さい♪♪ (2013年10月15日 21時) (携帯から) (レス) id: 3a6649e62b (このIDを非表示/違反報告)
かまこ - めっちゃはまりました!!更新待ってます^ - ^ (2013年10月13日 7時) (レス) id: 9bfe742845 (このIDを非表示/違反報告)
真梨花 - この作品めちゃめちゃ大好きです。更新頑張って下さい! (2013年10月12日 18時) (携帯から) (レス) id: b486f241d9 (このIDを非表示/違反報告)
ろりぽっぷ - 新作おめでとうございます♪ 続きがすごく気になります(> <) 頑張ってください^^♪ (2013年10月6日 13時) (レス) id: acaf2ab29b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:裕風貴 | 作成日時:2013年10月6日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。