占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1,652 hit、合計:394,659 hit

糖分5% ページ5

.



Aに出会った日から2日後。



俺はまたあの甘味処に向かっていた。



店の中に入る。



今日は男が1人。と、そいつの目線の先に…



実「…あ。」



そいつと目が合う。



『あら、不死川さん!また会えましたね!』



自分の横の椅子をトントン、と叩くA。



まぁ知らねぇやつと隣になるよりはマシかと思い、俺は素直に横に座る。



前は向かいに座っていたからあまり分からなかったが、Aと自分との体格差が凄い。



身長は、胡蝶くらいか。





Aをずっと見つめていた男は何を思ったのか慌てて目を逸らす。



恋仲だ、とでも思ったのか。それか、単に傷だらけの男に驚いただけか。



『見てください。今日はおはぎにしてみたんです。なかなか良いですね。』



笑顔でおはぎを頬張るA。



実「そうかよォ」



『不死川さんもあんみつ、どうですか?』



実「おはぎでいい。」



相変わらず会話は多くない。



しばらくそれぞれ無言でおはぎを食べる。



何故かその時間は苦痛ではなくて、むしろ心地いいと思えるから不思議だ。



しばらくすると、Aはコト、っと黒文字を置いて、俺を見る。



『不死川さん、おいくつなんですか?』



そう聞いてから、ハッとした顔になって、



『あ、失礼致しました。私は19です。』



名前を先に名乗れと言ったこと、気にしてるのか。



実「あん時はまだ警戒してただけだァ。別に気にしなくていい。」



そう伝えると、



『警戒されていたんですか…』



そう言ってクスクスと笑う。



その笑顔にはまだ少し幼さが残っていて、もうすぐ成人する女には見えない。



実「俺は21だァ」



『へぇ!案外近いんですね…不死川さん、もっと年上かと思ってました。』



俺はもっと下かと思ってたけど。



実「てめぇは童顔だなァ。」



『…!私、子供っぽいでしょうか…?』



実「顔はな。」



顔や表情は幼いが、立ち振る舞いはそこらの大人以上だ。



『1番直せないとこじゃ無いですか…』







そんなふうに、決して多くない会話をしながらおはぎを食べる。



おはぎも食べ終わり一息着いていると、Aが時計を確認した。




『不死川さん、私そろそろ帰りますね。』



もうそんな時間か



『不死川さんとお話していると、時間が経つのがあっという間です。またお話して下さいね!…では。』




確かに早いな、なんて。

糖分6%→←糖分4%



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (244 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
712人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

yurirol0305(プロフ) - なしなつさん» 私も実弥さん最推しです!! (10月31日 20時) (レス) id: 9e39a449bb (このIDを非表示/違反報告)
なしなつ - ハァァァァ尊い…!!不死川好きだわぁ… (10月31日 20時) (レス) id: 737edd5ad9 (このIDを非表示/違反報告)
yurirol0305(プロフ) - 月さん» ありがとうございます!好きだと言っていただけて、嬉しいです! (10月24日 0時) (レス) id: 9e39a449bb (このIDを非表示/違反報告)
- この作品が好きです。頑張ってください! (10月23日 22時) (レス) id: 72108a1f6d (このIDを非表示/違反報告)
yurirol0305(プロフ) - ミリアさん» はい!実はこの作品、少し伏線を散りばめているんです!後後明らかにして行きますが…実弥さんもまだ隠し事いっぱいですしね…もっと2人の距離を近づけていく予定です! (10月18日 23時) (レス) id: 9e39a449bb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:yurirol0305 | 作成日時:2019年9月29日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。