占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:28 hit、合計:2,276 hit

5:変人先輩 ページ8

仮入部期間3日目。この日は鏡原先輩と2人で、学校の裏山の生態調査に出かける予定だった。







鏡「ふんふふ〜ん♪水素は地球上で最も軽い〜♪」


待ちに待った放課後。今日も先輩は自作の科学の歌を歌っている。面白いを通り越して変人だ。


『変人な先輩…………縮めて変人先輩……』


鏡「なんか言った?」


『い、いえ。』


まあ本当のことを言うと、"カッコよくて優しい、面白い変人な先輩"を縮めたのだが。





鏡「Aちゃん着いたよ!ここが俺の行き付けの調査スポット!」


その場所は、調査スポットと言われるだけあって、樹齢がざっと50年は超えていそうな木が何本もある。


鏡「この木は樹齢100年は超えているよ。で、根元をよく見て!!」


先輩に言われ、根元を見てみると____


『これは…………巣穴……ですか?』


鏡「正解!落ち葉とかが敷き詰めてあるね。足跡とか毛から見ると、タヌキの巣穴じゃないかって俺は考えてる。」


なるほど………変人といえど先輩は理科の知識はピカイチだ。仮入部の3日間で、それだけは実感していた。


鏡「あ、Aちゃん、タヌキが帰ってきた!あっちに隠れながら見てみよう!」


そう言って私の腕を引っ張って近くの草むらに隠れる。…………ってか……


『先輩!///近いです!!///』


鏡「シーッッ!動くと逃げられちゃう!……………あっ!来たよ!」コソコソ


巣穴に目を戻すと、確かにタヌキがいた。


鏡「可愛いねー!Aちゃんみたい(^^)」


『なッ/////!?』


先輩……さっきから私を殺す気ですか///?

6:寄り道→←感謝



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:恋愛 , 先輩   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷麗 - とってもステキなお話ですね! 更新、頑張ってください! (7月15日 19時) (レス) id: 915d81f3f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雪の助 | 作成日時:2018年7月3日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。