占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:28 hit、合計:2,273 hit

4:部長と副部長 ページ5

鏡「いやーこんな所で再会とは………偶然にもほどがあるよね。」


『そうですね………………って…』


改めて理科室、理科準備室を見る。


理科準備室にも誰もいない………


『………まさかとは思いますが……他に部員は___』


鏡「いないよ。だから今年は君が入ってくれないと廃部になるところだったんだ。」


そう言って微笑む鏡原先輩。作り笑いかもしれないが、私には安心したように見えた。


鏡「そういえば、君の名前聞いてなかったな。」


『鈴音Aです。よろしくお願いします、鏡原先輩。』


鏡「よろしくね、Aちゃん。」


今度は満面の笑みを浮かべる鏡原先輩。





_________少しキュンとしてしまった。







鏡「あ、そうだ!!これ、昨日のカブトムシ!もう一回見る!?」


『え?///あ、はい!見ます見ます!』


焦りながら先輩の指さす虫かごに近寄る。てか先輩、はしゃぎ方が小学生…………(笑)


これが世間でいうところのギャップ萌えってやつか?


カブトムシを見ながら先輩が言う。


鏡「あ、そうだ。さっき言い忘れてたけど、部員2人だからAちゃん副部長だよ。お願いね。」


そっか………部員2人か………


『ってことは先輩と2人っきり…………!?』


鏡「ん?なんか言った!?」


『い、いえ///なんでもありません!えっと、副部長頑張ります!』


どうやら知り合って2日のこの人に恋に落ちてしまった様で。

お知らせ→←3:再会は意外



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
7人がお気に入り
設定キーワード:恋愛 , 先輩   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷麗 - とってもステキなお話ですね! 更新、頑張ってください! (7月15日 19時) (レス) id: 915d81f3f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雪の助 | 作成日時:2018年7月3日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。