占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:3 hit、合計:2,683 hit

2:別れも唐突 ページ3

鏡「俺は鏡原 優馬。最近生物の体のつくりに興味があって虫を採取してたんだ。そしたら…………!」


手に持った虫を見せてくれた。私は平気だが、普通女の子に虫を近づけたら叫んで終わる。大半は。


『アレ?これカブトムシですよね?』


なんかカブトムシじゃないような形質をしている。


鏡「ただのカブトムシじゃあ無い…………このカブトムシは左がメスで右がオスなんだよ!!」


『え!?私テレビとかでしかそんなの見たことないです!凄い!興味深い!!』


理科が好きな私にとってはすごくテンションが上がる!そりゃあ叫びたくなるよね!!


鏡「ね!凄いでしょ!?あ、急いで戻って環境の整った場所に移さないと!!じゃあね!」


『見せて頂いてありがとうございました!』


なんか台風のような人だったな(^^;;


顔は間違いなくイケメンだったと思うんだけど、すごく変な人だったな。


一緒にいると楽しそう(笑)


『って!!おつかいの途中だった!自転車ひっくり返ってないかな!?』




急いで石段を降り、自転車にまたがる。


晩ご飯のこと、明日の入学式のこと、そして_____


さっきの人にもう一回会ってみたいな、なんて考えながらペダルをこいだ。

3:再会は意外→←1:出会いは突然



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
6人がお気に入り
設定キーワード:恋愛 , 先輩   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷麗 - とってもステキなお話ですね! 更新、頑張ってください! (7月15日 19時) (レス) id: 915d81f3f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雪の助 | 作成日時:2018年7月3日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。