占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:3 hit、合計:2,687 hit

1:出会いは突然 ページ2

私は鈴音A!明日から晴れて高校生になります!!


入学するのは自然に囲まれた、緑溢れる高校で、一人暮らしのおばあちゃんの家が近いことが決め手の一つだ。


今までは1年に2、3回程度しか会えなかったが、これからはおばあちゃんちでお世話になるので、大好きなおばあちゃんとは毎日会える。


お「Aちゃん!ちょっといいかしら?」


『なあに?あ、分かった!おつかいだ!!』


お「あたり!晩ご飯の材料を買ってきてちょうだい。今晩は麻婆豆腐だよ。」


『やったあ!!』

◆*◆*◆*◆

頼まれた材料を全て購入し店を出る。自転車で来た道を戻っていると、ふと目に何かが止まった。



____鈴音神社



『………気づかなかったな。私の名字と同じ神社がおばあちゃんちの近くにあるなんて。』


せっかくだからお参りしようかなと思い、自転車をとめて石段をあがる。


『さっきのお釣りの5円玉をお賽銭にしようっと。』


…………たくさん友達を作って、素敵な出会いもありますようn「うおおぉぉぉ!?ついに見つけた!?!?!?」………ンン??


奥の方から凄い声が聞こえてきた。






『誰かいるんですかー?』


おそるおそる声がした方に近づいていくと…………虫取りかごに虫取りあみを持った私と同い年くらいの男子が何やら虫を採取していたのである。


?「あ、驚かしちゃった?ごめんね?」

2:別れも唐突→←0:設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
6人がお気に入り
設定キーワード:恋愛 , 先輩   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

氷麗 - とってもステキなお話ですね! 更新、頑張ってください! (7月15日 19時) (レス) id: 915d81f3f6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雪の助 | 作成日時:2018年7月3日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。