占いツクール
検索窓
今日:113 hit、昨日:499 hit、合計:103,065 hit

_ ページ10

.




汚いものしか見えない世界に


私は彼に 綺麗なものだけ見せたかった









大きな、くりくりした目で
今よりもずっと小柄だった彼は 私を見上げて



“ヌナ、これはなんて言うんですか”


“ヌナ、一緒に遊んでください”


“ヌナ、月が綺麗に見えますよ”




…そんな風に、笑う彼が
私はなんだか 愛おしくてしょうがなくて

ぎゅって、強すぎるくらい 抱き締めると
彼は嬉しそうに笑って 私を抱き締め返した。




この子だけは、絶対に

…娼夫となろうとも、それでも絶対に


その心までは、汚させない。




そんな決心のもと 彼を教育してきた

はずなのに



父は 見透かしていたんだろう

私がマークに 汚い現実を極力見せないようにしていたこと


そして…



…彼の水揚げは、私がするように と

命令したんだ。




兄弟のいない私が、実の弟のように可愛がってきたマークを

男性に仕立てろ …なんて




彼がきっと 深く傷付くであろうことを


そして、



私が この世で一番最後に取っておいた
心のなかの “綺麗なもの” を壊すことを



マークがこの遊郭で働く身なら、

そして私が この遊郭をいずれ継ぐ身なら



してみせろ、と 父は言った。








あーあ、


せっかく大切に してきたのにな



せっかくマークを あんなにも可愛いマークを
立派な一人の人間になってほしくて

沢山の愛、みたいなもので 育ててきたのにな



遊郭という世界のなかで


そんな綺麗な場所を 少しでも作ろうとしていたあたしが 間違っていたようだ。








私はマークと寝た。


マークは、男になった。


私は、マークに 女になってる顔を見せた。





それだけの関係の変化、なのに


それからは 結局

他の男娼と なんら変わらない
マークもそんな存在に 成り下がってしまった。



あたしの心の中の、特別な場所で
たんぽぽみたいに健気に笑っていた彼は

いなくなって、しまった。





マークをこうして、ただの男と扱って身体を重ねる時間を、悪戯に 積み重ねてきた。

悔しくて、苦しくて。




マークは私の肩を、寝台へと押し倒して
私の瞳を 一瞬、見つめたかと思えば

…なんとも形容できないような、
複雑な模様をした 大きな目の中に

私に触れたがっている 彼の本心が見え隠れする。





…そんな目で見ないで。




あなたを諦めた私を、

こんなにも 汚れきったあたしを




そんな風に 心のこもった瞳で


見つめたりなんか、しないで。




.

_→←_



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (146 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
998人がお気に入り
設定キーワード:NCT , K-POP
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ray - 一昨日この作品を見つけ一気読みしました。主人公の揺れる思いに胸が苦しくなります、、。これから主人公とテヨン(テンも?)がどうなってしまうのか続きが気になります。大変だとは思いますが頑張ってください!更新首を長くして待っています^^ (1月15日 18時) (レス) id: 3feffcfcf6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:如月 | 作成日時:2021年1月14日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。