占いツクール
検索窓
今日:488 hit、昨日:561 hit、合計:182,320 hit

* 川西 太一 ページ19

.









「…あれ、風邪?」









昼休みに中庭でぼーっとしていると、彼氏の太一が上から覗き込んできた。


今日の私はマスクをしている。クラスメイトの大半と同じように質問してきた太一に、私は今日何度も答えてきた言葉を返す。









『…花粉症』


「あー、秋アレルギーってやつ?」


『そ』









太一は私の横に腰掛けると 相変わらずの無表情を少し歪めた。









「俺もなんか、今日 鼻むずむずする」


『春もたまにそれ言ってなかった?』


「うん。…やだな、秋は過ごしやすいから好きだったのに」









生まれてからずっと花粉症の私としては、その程度で花粉症を名乗って欲しくないという謎自論を持っている。


私がそう言うと太一は はは、と笑い じゃあ俺はまだ花粉症じゃないってことで、と伸びをしながら言った。









「花粉症なのになんで外いんの」


『太一に会える気がしたから』


「…なにそれ、教室来れば会えるだろ」









それはそうだけど、教室まで会いに行くとほぼ100パーセント冷やかされる。


太一はどうか知らないけど 私はそれがどうも得意じゃなく、太一に教室まで来てもらうのもいつも断っている。




太一はそれを知ってるのにわざわざそう言うのは、なんかちょっと意地悪な気もするけど。









『でも会いに来てくれたじゃん』


「まあね」









そう短く返すと、太一はじっと私の顔を見る。




なに、と訊くと 口元のマスクが下にずらされて 不意にちゅっと鳴る唇。









「お前の顔見えないから、春と秋はきらい」









へ、と変な声を漏らす私を見て 緩く笑う太一。









私ももともと春と秋は嫌いだけど、もう少しで太一の顔も見えなくなるかもしれないと思うと もっと嫌いになってしまいそうだ。









.









( マスク付けてても 可愛いのには変わりないんだけど )

* 宮 侑→←* 瀬見 英太



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (307 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
904人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー!! , HQ , 短編集   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

月埜(プロフ) - いつも見てくださりありがとうございます!冬が終わる前にリクを消化してしまいたいので この辺でリクを締め切らせて頂きます!申し訳ございませんがご理解頂けますと幸いです。よろしくお願い致します! (2月24日 11時) (レス) id: d1ca7a883a (このIDを非表示/違反報告)
- もし可能でしたら、照島くんお待ちしてます... (2月16日 13時) (レス) id: 677789c7e1 (このIDを非表示/違反報告)
ジンベエザメ - いやー青春だねぇ…甘酸っぱ    リクエストで古森くんできますかね?井闥山の (2月16日 13時) (レス) id: b58d786d51 (このIDを非表示/違反報告)
みかーん - 最高です!!!リクいいですか?佐久早くんをどうかお願いします! (2月15日 0時) (レス) id: ae7855eb22 (このIDを非表示/違反報告)
みお(プロフ) - またまたリクいいですか?星海光来お願いしていいですか?出来ればで大丈夫です!更新頑張ってください〜!! (1月13日 22時) (レス) id: 68de5461dd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:月埜 | 作成日時:2019年10月18日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。