占いツクール
検索窓
今日:177 hit、昨日:676 hit、合計:186,185 hit

* 黒尾 鉄朗 ページ13

.









冬の電車ってさ、寝たら命取りだと思ってんの。




凍える寒さから一転して 暖かい車内。


座席に座れば 足元のヒーターが眠気に追い打ちをかける。




___かくん。









『…うう』









今日もまた、眠気に負けそうな奴が一人。




俺の向かいに座る片想いの相手___Aは 首を四方八方にかくかくと揺らし 今にも寝落ちそうになっている。


危なっかしいったらなんの。




電車がホームに着いて、ちょうどAの隣に座る人が席を立った。


ラッキーじゃん、俺。




俺は席を立ち、素早くAの隣に腰を下ろす。









「よ、眠そうだな」


『…黒尾くん、うーーん…』









眠そうに目を擦りながら マフラーに顔を埋める彼女。


いちいち仕草が可愛くて トクトクと心臓が高鳴る。









「…肩、貸すか?」


『んーん、がんばる』


「半分寝ながら頑張るって言われてもな」









半ば強引に抱き寄せれば大人しく肩を枕に眠り始めるA。


かわいい寝顔が周りに見えないように、こっそりと口元のマフラーを少し上げてやる。









『黒尾くん』


「ん?」









『すきだよ』





「…は、」









Aは瞼を閉じたまま確かにそう言った。




マフラーのせいで表情が見えない。




バクバクと加速していく心臓の音。


俺も自分のマフラーを上げて 赤くなっているであろう頬とにやける口元を隠す。









___寝言か、否か。




こんな心臓に悪い寝言があってたまるかと思うのだけど。









次の駅で目を覚ますであろう彼女に、返事と共に 訊いてみようか。









.









( おはよ。…なあ、さっきのさ___ )

* 松川 一静→←* 角名 倫太郎



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (314 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
909人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー!! , HQ , 短編集   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

月埜(プロフ) - いつも見てくださりありがとうございます!冬が終わる前にリクを消化してしまいたいので この辺でリクを締め切らせて頂きます!申し訳ございませんがご理解頂けますと幸いです。よろしくお願い致します! (2月24日 11時) (レス) id: d1ca7a883a (このIDを非表示/違反報告)
- もし可能でしたら、照島くんお待ちしてます... (2月16日 13時) (レス) id: 677789c7e1 (このIDを非表示/違反報告)
ジンベエザメ - いやー青春だねぇ…甘酸っぱ    リクエストで古森くんできますかね?井闥山の (2月16日 13時) (レス) id: b58d786d51 (このIDを非表示/違反報告)
みかーん - 最高です!!!リクいいですか?佐久早くんをどうかお願いします! (2月15日 0時) (レス) id: ae7855eb22 (このIDを非表示/違反報告)
みお(プロフ) - またまたリクいいですか?星海光来お願いしていいですか?出来ればで大丈夫です!更新頑張ってください〜!! (1月13日 22時) (レス) id: 68de5461dd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:月埜 | 作成日時:2019年10月18日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。