占いツクール
検索窓
今日:56 hit、昨日:14 hit、合計:217,290 hit

第50話 ページ50

「「「「「ご馳走様でした!!!」」」」」

『ご馳走様でした。』

毎回同じように大きな声で言う。

「では、私はご飯を食べ終わったので弟達が待っている本丸に向かいます。それまでよろしくお願いしますね?A殿?」


弟達を泣かせたら自然に返してやるというような笑顔付きで言われる。


『はーーーーい、勿論です。貴方もこれをきっかけに少しずつ弟離れしてみてはどーですか??』

こんな状態の私達を見てみんなが冷や冷やする。


「はいはい。では失礼します。」


『あ、待って!これ、迷惑じゃなかったらどうぞ…。』


淡い水色の桜が散りばめられた風呂敷を渡した。
中に入っているのは彼らが休憩している間薬研と加州の3人で作った山ほどあるおにぎりだ。

『きっと本丸の皆さんもお腹すいてると思うんすよ。毒とか入れてないですから食べてください。薬研と加州も一緒に作ったから!』

そう言って内緒で書いた手紙も渡す。


それに気づいた一期一振は驚く。
彼は少し微笑むと

「ありがとうございます。貴方にそこまでの頭があると思ってませんから安心して頂きたい。では、骨喰、鯰尾帰ろう。」

そう二人に声をかける。


「いやー!いち兄すみません!俺らここに居ます!反逆軍入るんで無理です!」


『「は!?!?」』


一期一振と私の声が重なる。

「Aさんたちがいない時に皆に聞いたんですよ!俺らもこんな状態嫌なんでそしたらこっちに力を貸した方が状況脱会出来るじゃないですか!」

そう言って
ニコニコと愛嬌たっぷりの笑顔で

「これからも美味しいご飯作ってくださいよ!」

「よろしく頼む…。」

と言われた。

何を言うかは迷わなかった。


『勿論!!ようこそ反逆軍へ!!!』



−−−−−−−−−−−

ここまで付き合ってくれてありがとうございます
( ˃ ⌑ ˂ഃ )

🌸 この作品の続編に行こうと思ってます! /🌸

これからも付き合ってくださいm(__)m

評価、お気に入りをしてくれると励みになります!ポチッとよろしくお願いします!(o´艸`)

イラストもお待ちしておりますのでよろしくお願いします!(✿´꒳`)ノ°+.*

この小説の続きへ→←第49話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
419人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女主 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

犬将軍(プロフ) - 面白いって言われると励みになります!初作品なので不安ばっかでしたが皆さんにそう言って頂けてとても嬉しいです!ありがとうございます! (12月12日 7時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
ユー - 面白いです!これから、続きが楽しみです!更新、頑張ってください! (12月11日 16時) (レス) id: 51d1ba9355 (このIDを非表示/違反報告)
鶴じい - お・も・し・ろ・い!! (12月11日 14時) (レス) id: a5977de54d (このIDを非表示/違反報告)
犬将軍(プロフ) - ありがとございます!そう言っていただけると嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (12月10日 18時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
メンタル弱い系人間 - 大変面白いと思います!!応援してます!! (12月10日 13時) (レス) id: b29f2ff52e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:犬将軍 | 作成日時:2017年12月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。