占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:9 hit、合計:217,350 hit

第43話 ページ43

『はい、そうです。』

緊張のしすぎで要件が言えない。
手汗はすごいし天下五剣カッコイイとかそう思えることが出来ないほど頭はいっぱいだ。

「まぁそんなに緊張するな。見習いよ。」

『はい。』
(緊張したくてしてるわけじゃないんだよ!)

なんて思ってるあたりさっきよりかはこの場の雰囲気に慣れたのだろう。

『えっと、非常に言いにくいんですけど私は今のこの本丸の状態は最悪だと思います。』

「ほう。」

興味深そうに目をらんらんと光らせる。

『それで、この本丸を見習いの癖に図々しいときっと思われると思うのですがどうにかしてこの本丸の刀剣男士を助けたいのです。』

これが本心かどうかと言われたら本心なんだけど見習いじゃないし政府の役人(仮)なんて言えない。

政府の役人は嫌われているからだ。

「見習いは何か隠しているな。」

三日月の目が細まる。

(どうしよう…。)

顔の血の気が引くのが分かる

「ただ…。 何か言えない事情があるのだろう。しかしこの本丸を救いたいという気持ちはわかった。」

このじじいが協力してやろうと綺麗な顔で笑う。

「もし、この本丸を元の本丸に戻せたらその時はその事情を話すことだ。」

さっきまで笑ってた時とは違いこの人の言うことは聞かなければいけないと言う圧力をかけられる。

(これが天下五剣…!)

『わ、かりました。必ずお話します。』

「うむ。その返事で勘弁してやろう。ちなみに見習い達は何を企んでる?」

『この本丸に不満を持っている方を中心に反逆軍を作ります。』

これは緊張しないで言えた。
むしろこの言葉は私にとって心強い言葉になっていた。

第44話→←第42話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
419人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女主 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

犬将軍(プロフ) - 面白いって言われると励みになります!初作品なので不安ばっかでしたが皆さんにそう言って頂けてとても嬉しいです!ありがとうございます! (12月12日 7時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
ユー - 面白いです!これから、続きが楽しみです!更新、頑張ってください! (12月11日 16時) (レス) id: 51d1ba9355 (このIDを非表示/違反報告)
鶴じい - お・も・し・ろ・い!! (12月11日 14時) (レス) id: a5977de54d (このIDを非表示/違反報告)
犬将軍(プロフ) - ありがとございます!そう言っていただけると嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (12月10日 18時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
メンタル弱い系人間 - 大変面白いと思います!!応援してます!! (12月10日 13時) (レス) id: b29f2ff52e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:犬将軍 | 作成日時:2017年12月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。