占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:6 hit、合計:217,199 hit

第27話 ページ27

最上階につき薬研と顔を見合わせる。

深呼吸して演技を始める。

「大将!!!」

薬研が大声を出し審神者部屋の扉を叩く。

「なぁに?」

そう返事が返ってきて扉を開ける。

「この見習いが蔵の中で宗三に腕を深く切りつけられて倒れていた!」

「ふぅん。」

興味無さそうに朱里は相槌を打つ。

『申し訳ありません。朱里様っ!!』

「別になんでもいいわよ、取り敢えずこの部屋を汚すのはやめてね。」

そう言われA は自分の持ってたハンカチを広げ傷口に当てる。

朱里は薬研の方を見て奥の部屋に入り小さい子を連れてきた。

「ほら、貴方の大好きな弟よ。」

「っっ!前田!!!」

「自分はどうでもいいからほかの兄弟を解放しろってうるさいからお望み通りほかの弟は下の階にいるわよ。」

「薬研兄さん…。申し訳ありません…!」

「前田、喋らなくていいからな。俺がおんぶしてお前を下に連れてってやるから安心してくれや。」

「はい…。」

そうすると前田は安心したように目をつぶりすやすやと眠る。

朱里はA の方を見ると
「あんた、あまり勝手なことしないでって言ったわよね…?」

『すみません!』

なんでこんな女に頭を下げなきゃいけないんだと思いイライラする。

すると頬に鋭い痛みが襲ってきた。
朱里にビンタくらったのだ。

第28話→←第26話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
419人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女主 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

犬将軍(プロフ) - 面白いって言われると励みになります!初作品なので不安ばっかでしたが皆さんにそう言って頂けてとても嬉しいです!ありがとうございます! (12月12日 7時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
ユー - 面白いです!これから、続きが楽しみです!更新、頑張ってください! (12月11日 16時) (レス) id: 51d1ba9355 (このIDを非表示/違反報告)
鶴じい - お・も・し・ろ・い!! (12月11日 14時) (レス) id: a5977de54d (このIDを非表示/違反報告)
犬将軍(プロフ) - ありがとございます!そう言っていただけると嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (12月10日 18時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
メンタル弱い系人間 - 大変面白いと思います!!応援してます!! (12月10日 13時) (レス) id: b29f2ff52e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:犬将軍 | 作成日時:2017年12月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。