占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:42 hit、合計:217,189 hit

第3話 ページ3

下らないことを考えているとふと昔の思い出話が頭の中によぎった。

姉は幼い頃何度か幽霊と呼ばれるものを見ていて接触までしていたというのを聞いたことがあったのだ。

ちなみに私は一度もそんな体験ないし会いたいのに会えない。

(政府は霊力の高い人を欲しがっている。となれば姉は幽霊が見えてたし尚且つ接触も出来ていた、きっと霊力が他の人より高いから適した人材になる…。でも泣き虫で弱い姉が行ったらきっと重症どころじゃ済まないんだろうな、)

そんな事をぐるぐる考えていると政府の方が、

「今すぐ決めて頂けませんのでしたら一度政府に一緒に同行してもらい霊力検査をするのはどうしょうか?」

その言葉を聞いた瞬間一番恐ていたことが起こってしまった。

ヤバい、それをやられたら姉さんが絶対に行かされる。

(私!考えろ!最悪な自体になる前に手を打て!)

−1番いい方法わかってるんでしょ?−

(うっさいなぁ!分かってるよ!私!!!!)

頭の中でそんな自問自答を繰り返す。


(覚悟を決めろ、、。女は度胸、男は愛情!!←逆)


自分の白い手を天に高くあげる。


『はい、私がやります。』

自分の凛とした声が静かな廊下に響き渡る。


その言葉を聞きたかったとでも言うように政府の方が満足そうにニンマリと上げた。

「そうですか、ご協力感謝します。」

この男の嬉しそうな声を出してる喉を掻き切ってやりたかった。

第4話→←第2話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
419人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 女主 , ブラック本丸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

犬将軍(プロフ) - 面白いって言われると励みになります!初作品なので不安ばっかでしたが皆さんにそう言って頂けてとても嬉しいです!ありがとうございます! (12月12日 7時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
ユー - 面白いです!これから、続きが楽しみです!更新、頑張ってください! (12月11日 16時) (レス) id: 51d1ba9355 (このIDを非表示/違反報告)
鶴じい - お・も・し・ろ・い!! (12月11日 14時) (レス) id: a5977de54d (このIDを非表示/違反報告)
犬将軍(プロフ) - ありがとございます!そう言っていただけると嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (12月10日 18時) (レス) id: 9f4a7e2e11 (このIDを非表示/違反報告)
メンタル弱い系人間 - 大変面白いと思います!!応援してます!! (12月10日 13時) (レス) id: b29f2ff52e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:犬将軍 | 作成日時:2017年12月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。