占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:56 hit、合計:95,370 hit

ページ3

紫side

仕事関係の人と飲みに行ったらその娘やって言う香水のキッツいケバい女もおった。

しかもその女は俺のファンやとか言うてめっちゃひっついてきよる。

お偉いさんの娘やから無下にもできんまま気付けば深夜1時やった。


しかも酔っ払った女を家に送ることにまでなってもうたし。

自分の娘なんやからお前がおくれやって言いたかったけどぐっと堪えて娘を送る。

家に着いたら誘惑されたけどのんすけに早く会いたくてそのまま帰った。



のんすけを不安にさせたないから家の前で香水をふった。

家に入ったら玄関までお出迎えに来てくれたのんすけ、やっとやって抱きしめようとしたら避けられてそのまま寝室へ行ってもうた。


遅なってもうたし拗ねてるんかなって寝室追いかけて頭撫でようとしたら腕を叩かれて、思考が止まる。




紫「な、なんで…」




のんすけに拒否されたショックで、涙が出てきた。




桃「なに泣いてんねん、泣きたいのはこっちや!!」




起き上がって俺を見ながらそう言ったのんすけ。

目をめっちゃうるうるさせて、でも泣くのを我慢しとる。




紫「のんすけ、俺なにかしてもうた…?」


桃「自分が一番わかってるんちゃうん」




そんなことを言われたけど全然分からへん。




桃「俺なんかより、女の人の方がええんやろ!!」


紫「は?何言ってんねん」


桃「こんな化け物嫌やって思ってるくせに!!」




俺はのんすけの頬を叩いた。




紫「化け物なんて言うな!!
のんすけは化け物なんかやないって言うてるやろ!!」




俺はそう言うて泣いてるのんすけを抱きしめようとした。




桃「やっ!!」


紫「のんすけ…」




考えろ、考えるんや。

なんでのんすけはこんなに俺を拒むんか、泣いてるんか。


女の方がええんやろって言うてたよな、なんでそう思ったんやろ。




紫「あっ…」




そうや、のんすけはめっちゃ鼻が効くんやった。

香水なんぞであの女の匂いを消そうとした俺がアホやった。




紫「のんすけ、聞いて?」




のんすけはなんも言わんけど俺は構わず続ける。




紫「仕事関係の人と飲みに行ったんはほんま。
でも、その人の娘さんがおってん。

その娘さん俺のファンやって言うてめっちゃくっついてきてさ、お偉いさんの娘さんやから無下にもできんかってん」




そこまで言って、俺はのんすけに「ごめん」って誠心誠意気持ちを込めて謝った。

・→←俺の濱ちゃん【BLOOD SUCKING】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (122 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
354人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 短編集 , BL
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

湖蝶(プロフ) - ぐでLoveさん» ありがとうございます、続編作らせていただきました♪ばどのお話も書きますのでぜひ足を運んでくださると嬉しいです!! (12月3日 16時) (レス) id: 9eabd6c192 (このIDを非表示/違反報告)
湖蝶(プロフ) - やまけとLOVE??さん» ありがとうございます!!続編作らせていただきましたのでぜひ足を運んでくださると嬉しいです♪ (12月3日 16時) (レス) id: 9eabd6c192 (このIDを非表示/違反報告)
ぐでLove(プロフ) - ばどの二人の話もっと読みたいので続編お願いします! (12月3日 14時) (レス) id: cc32400ee4 (このIDを非表示/違反報告)
やまけとLOVE??(プロフ) - 続編に期待! (12月3日 10時) (レス) id: a07932f9a5 (このIDを非表示/違反報告)
湖蝶(プロフ) - Sさん» そう言っていただけて嬉しいです!!ついつい長くなっちゃったんですが喜んでいただけたみたいで嬉しいです♪ぜひぜひまたリクエストしてください!! (11月28日 23時) (レス) id: 9eabd6c192 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:湖蝶 | 作成日時:2019年10月28日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。