占いツクール
検索窓
今日:264 hit、昨日:478 hit、合計:174,492 hit

ページ4

涼「朝は…大丈夫だった。
ミーティングの途中で、何か、気持ち悪くて、」




本当に朝は大丈夫だったんだ。




涼「大丈夫だと、思ってたのに…、グルグルしてきて、ビックリして…っ」




気持ち悪さと、みんなに対しての申し訳なさに勝手に涙が出てくる。





伊「まあまあ知念。貧血の気持ち悪さって長時間持続するもんじゃないからさ。
急に気持ち悪くなってビックリしたよね」




伊野尾ちゃんが俺の頭を撫でながら言う。

大きく頷くとまた涙がこぼれ落ちた。




伊「でもミーティングの途中で気持ち悪くなったんなら、何で言わなかったの?」

涼「……ミーティング中だったから」

伊「いやいやいや、迷惑とか思ったわけ?」

涼「…うん」

伊「そんな事気にしなくて良いのに」

涼「だって、」




だってさ、ただでさえ2ヶ月間も仕事休んでたんだよ?

その間メンバーに沢山迷惑かけてたし。


ライブは俺たちにとってもファンにとっても大事なものなのに。
余計な迷惑はかけたくない。





薮「涼介。俺たちは涼介に何かあった時、迷惑だなんて思わないしむしろ心配するんだよ?」

知「そうだよ。頼ってくれて全然いいのに。
これからは我慢しないで」




涼「……ごめん」





知念の手を握ると、ギュッと握り返してくれた。





迷惑もかけたくないし、心配もかけたくないな…。


でも今回の貧血みたいに、何かあった時俺は1人で対処出来ないだろうから。




ちゃんと、メンバーを頼ろう。




涼「ありがとう」









fin.

ハプニングとちびーず→←♯



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
396人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 山田涼介 , 病系   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- すいません…!変なリクエストして…今後とも頑張ってください(//∇//) (1月6日 21時) (レス) id: 6533d85759 (このIDを非表示/違反報告)
アイノア・リカ(プロフ) - 獣さん» リクエストありがとうございます!シチュエーションは違いますが構成が似たような話を既に作成していたのでこのリクエストは保留にさせて頂きますm(__)m今後ともよろしくお願いします! (1月6日 20時) (レス) id: 53f4eb9b9d (このIDを非表示/違反報告)
アイノア・リカ(プロフ) - らんさん» ありがとうございます!リクエストについてですが移行先の△諒で書かせていただきます!少々お時間頂きますがよろしくお願いします!(*^^*) (1月6日 8時) (レス) id: 53f4eb9b9d (このIDを非表示/違反報告)
- 山田くんがスタッフさんに誘拐されて、暗くて閉ざされた空間が苦手な山田くんは過呼吸になってしまいます。そこを雄也くんと有岡くんで見つけて助けてあげてほしいです!お願いしま〜す (1月5日 17時) (レス) id: 6533d85759 (このIDを非表示/違反報告)
らん - いつも楽しく読ませていただいております!リクエストなのですが、体調を崩して病院や診察をいやがるお話が読みたいです!他の方のリクエストと合体しても構いません!よろしくおねがいします(^.^) (1月5日 15時) (レス) id: b95e20b84f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アイノア・リカ | 作成日時:2019年12月27日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。