占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:719 hit

入学式 ページ3

校門をくぐり、まわりに知り合いがいない

ことを確認すると、体育館に向かう。

案内された席に座り、体育館をぐるりと見渡す。能力の系統に

よって色の違う制服を着た、自分と同い年の新入生が約200人、

話しながら楽しそうに、まわりを見渡して不安そうに、あくび

をしながら退屈そうに、席に座っている。

隣の人は・・・なんとなく見たことがあるような気がした。

多分気のせいだろう。と思うことにする。

「定時になりましたので、これより、王立魔法学校入学式を始

めさせていただきます。司会は、生徒会副会長の月影 宙が務め

させていただきます。」

と言うアナウンスが流れ、入学式が始まった。

「では、生徒会長、お願いします。」

生徒会長。どんな人なのだろうか。

「新入生の皆さん!入学おめでとうございます!」

かなり元気そうな人だ。本当に生徒会長なのだろうか。

「私は生徒会長の宇野 朝陽だ!これから、私達と一緒に学校

生活をエンジョイしよう!」

まさかこんな人でも生徒会長になれるとは・・・

「生徒会長、ありがとうございました。続いては・・・」

生徒会副会長も、大変そうだな。・・と思ったのだった。


――――*――――*――――*――――*――――*――――*――――


ナマケモノ更新ですみません・・・

再開【ここから沙來side 】→←主人公



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.0/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:サブメカ , 魔法 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:南月ハク | 作成日時:2018年1月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。