占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:815 hit

プロローグ ページ1

4月。

少女は、真新しい制服に身を包み、王立

魔法学校の立派な正門を見上げていた。

桜 沙來、15歳。今日からここの生徒となる者。

普通の人間の子であった彼女が、特殊な能力を持った人しか入

れない魔法学校に入学することになった理由。それは、ある事

件がきっかけだった。


―――――――5ヶ月ほど前。

その日は普通に授業を終え、沙來は一人で下校中だった。

そこで沙來は見てしまった。

前を歩いていたお婆さんのバッグを盗った、ひったくりを。

その時沙來は思った。

何かあのひったくりを捕まえられる物は無いか。

すると、沙來の視界の隅に、ツル植物が見えた。

もしあれが伸びたら、ひったくりを捕まえられるかもしれな

い。

するとその時。

『草花、我に味方せよ。花笑・・・発動』

という言葉が浮かんできた。

その言葉を言ってみる。

「草花、我に味方せよ。花笑・・・発動!」

するとその植物の蔦が伸び、ひったくりを捕らえた。

「!?」

そう。沙來の能力は、植物を操ること。能力名――――








『花笑』。

主人公→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.3/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:サブメカ , 魔法 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:南月ハク | 作成日時:2018年1月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。