占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:18,424 hit

第24戦 オトモダチ。 ページ25

**Aside**
 

「ぬぁー。また屋上行けなかったぁー。」


アタシはつい小さく呟きながら3人のあとを追った。
3人はアタシを校内の至るところに連れて行ってくれた。


「ここは3年の棟で、向こうは1年、あっちは2年の棟アル」

「こっちには理科室とか音楽室とかの特別教室がいっぱいあるわ」

「こっちは体育館がある。それから…この裏から少し行ったところにプレハブがある。
だが用がないなら近寄らない方がいい。高杉一派の溜まり場らしいからな。」
 


 
[カーンコーンカーンキーンキーンキーン]←んん?ww
 

チャイムが鳴った。大体の教室が把握できたからいい感じな時間だ。
うーん、それにしても九ちゃんには良いことを聞いたなぁ。
フフッ、オトモダチにもなれたみたいだしいい収穫だったかなー。

私たちは教室に戻る。その途中、神楽がふと何かを思い出したように止まった。


「ああ、屋上には、あっちの棟の階段を一番上までいけばオッケーアル!」

「あぁ、そーいえばそれが一番聞きたかったんだった。ありがとう!」



 
 教室に戻ると、アタシの机の位置が微妙にずれていた。
だがそんなことはよくあることなので気にせず座ると、小さな文字が目に入ってきた。


『きょうの放課後、屋上にきてねぇ♡ 姫乃朱雀♡♡』


…誰?
机の端に小さく書いてあったその誘い。


「てか消すのめんどっ。紙に書いて机ん中入れるとかしろよ、めんどーだな。」


つい思ったことが口から飛び出してしまった。
だが声が小さかったらしく、運良く誰にも聞こえなかったらしい。
まぁとりあえず、行ってみようかな♪


 
**Aside終了**
 
 
 

第25戦 屋上までの道のり。→←第23戦 New classmates


ラッキーアルファベット

X


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.1/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
24人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , ぎん   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霧月 美柑(プロフ) - そうなんですねww朱雀って可愛いですもんね!wいえいえ!さっき更新したの知って嬉しすぎて布団の中で悶えてしまいました!母からの目が冷たかったです…笑笑 (2016年10月21日 7時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)
ぎん(プロフ) - 霧月 美柑さん» ぶりっ子ですねwwとりあえず名前を使いたかっただけの模様・・wいやもう本当にありがとうございます…!私もまた停止しないように頑張ります…!!!! (2016年10月21日 0時) (レス) id: 64950a10cd (このIDを非表示/違反報告)
霧月 美柑(プロフ) - まあ、そうかもですwカッコイイですよね!この作品内ではぶりっ子だけど笑笑そうなんですね!続編もすぐ読み終わっちゃって、、はやく続きみたいです! (2016年10月20日 19時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)
ぎん(プロフ) - 霧月 美柑さん» 私の書いてるこれ、今見ると本当に王道の王道を通っているので似てる人結構いるかもですねww朱雀ってかっこいい名前ですよね!数年前、ある本に出てきた朱雀ってキャラが好きでそこから持ってきてますたぶんww (2016年10月20日 18時) (レス) id: 93086fc0c9 (このIDを非表示/違反報告)
霧月 美柑(プロフ) - そういえばこの話わたしが今アナログで書いてる話と似てます笑笑朱雀ってでてくるしw (2016年10月20日 17時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぎん | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/souitakata/  
作成日時:2012年4月3日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。