占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:150 hit、合計:58,819 hit

15回目。 ページ15

.








昔から何度か、父の繋がりで会ったことはあった。
けれどあまり良い印象はない。


『お前は治癒個性なのか。

父親に似なかったのだな』


遠回しに、的から外されたのだと思った。私が父の未来を継げないのなら、自分に託されたのだと喜んでいたのだ。

その終結が、恐らく息子の焦凍さんの存在だ。成功作である彼を使って、この人は緑谷くんにもどうこう言うのだろう。


「うちの焦凍をちゃんと見ていてくれ。いずれお前の父親を超える存在となるからな」

「…お父さんは、ずっとNo.1ヒーローですよ」


ぼそ、と呟いた言葉が、大きく響いたようだ。私を見下して、じっと見つめていた。


「緑谷、と言ったか。

彼は君の父親と何か関わりがあるのか?」

「し、…知らない」


怖くて、白衣の裾をぎゅっと握りしめた。この先この人が言うことも、何となく想像がつく。
問い詰めるように距離を詰められて、相手はヒーローだというのに威圧感がある。


「焦凍はオールマイトを超えなくてはならない。

そのためには、オールマイトに匹敵する少年を超えてもらうことが最低の義務だ。わかるか?」


肩に大きな手が置かれる。さっきから腕が震えている。個性のために切った傷もじんじんと痛みを増してきた。




「わかん…ない…」




でも口は勝手に動く。



「その概念がっ、焦凍さんを、緑谷くんを、追い詰めてるんじゃないんですか、…!?」



しまった、と思って口を抑えた。

やはり目の前のエンデヴァーは怒ったような顔をしていた。怖くてつい泣きそうになる。負けじと睨みつけると、肩は開放された。

その隙を逃さず、急いでその場を去る。




「お前はどっちに賭ける?焦凍か、オールマイトか」




背後から、かけられた言葉に。




「…オールマイトじゃない。

緑谷くんは緑谷くんです」



意地の悪い捨てしかできなかった。
走って、とにかくあの人から離れようと思った。








「…自分のことを後回しなところは、あの父親に似てるのだな」








.

16回目。→←14回目。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (287 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
818人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

三条つかさ(プロフ) - わわ!!久しぶりの更新凄く嬉しいです!!ご自分のペースで、これからも頑張ってください!! (7月16日 0時) (レス) id: 7ed1c475b4 (このIDを非表示/違反報告)
三香美あっぽー(プロフ) - こんなにものすごくドキドキ&キュンキュンする小説に初めて出会いました。更新頑張ってください!応援してます (6月24日 10時) (レス) id: e6931b9a32 (このIDを非表示/違反報告)
ひなポン - 最高です。ありがとうございます。最新頑張ってください。めっちゃめちゃ期待してます! (6月16日 8時) (レス) id: 1cc1b8057e (このIDを非表示/違反報告)
ほこりくん(プロフ) - ああもうだめです好きですありがとうございます。デクはもともと好きでしたがさらに好きになりました。更新待ってます!!!! (4月2日 22時) (レス) id: a558f985dc (このIDを非表示/違反報告)
水翠(プロフ) - 初めまして!この作品、とてもおもしろくてきゅんきゅんして大好きです!!コメントのレスは、一つ一つのコメントの一番最後の部分に(レス)って書いてあると思います!(コメントされた日付とかが書いてあるとこの近く)そこを押せば出来ますよ!これからも応援してます! (1月12日 9時) (レス) id: 063fb754ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:八尋 | 作成日時:2017年10月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。