占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:7 hit、合計:2,462 hit

第20話 理由と狙い ページ21

エマ「まずは2人がどこから(・・・・)来たのか。」

A「だね。」

ノーマン「キャロルはコニーの代わりだ。つまり商品の補充…」

レイ「──ああ。“孤児院”でなく“農園”なら、補充され続ける一歳児をつくるか攫うかして用意している「拠点」があるってことだ。」

ノーマン「食用人間の供給拠点…」

エマ「キャロルは…いや、私達も皆、元はそこから来たってこと?」

レイ「多分な。そしてあの“シスター”もだ。」

ノーマン「ママ以外の飼育者(おとな)がいるって事実も大きいね。
GF(ここ)同じ(・・)農園が他にもあるのかもしれないし。
彼ら鬼に従う大人が、「生まれた時から鬼の支配下」なのか、「人間社会で生まれたのちに捕獲された」のか。それだけでも出た先の世界は違ってくる…」

レイ「今、新人(キャロル)が来たのもデカイぞ。
他のどの子供にも痕跡がなくても、来たばかりのアイツにはあるかもしれない。
目下3つだ。1、大人が「外」を知る鍵ってこと。2、キャロルが発信器の糸口ってこと。そしてもう一つ。3、なんかやっぱママのやり口が変ってこと。」

エマ・A「!!?」

エマ「えっ、ちょっ、何?ん!!?」

A「ごめん、わかんない…」

レイ「や、だって変だろ。
わざと見せる、そんでビビらす。
最初の発信器といい、今回といい、そんなんばっか。
おかしいって明らかに何かある(・・・・・・・・)
“お見通し”ならさっさと見つけて即出荷!それでいいだろ。」

ノーマン「でも、ママはそれをしない。
それができない“理由(・・)”──あるいはそれをあえて(・・・)しない“狙い(・・)が何かママ側にあるってことだ。”」

エマ「一体どんな…」

ノーマン「それはわからない…」

レイ「でも、だから俺達にはママの()が今一つ読めない。
敵の出方がわからねぇ以上、事は一刻を争う。
わかる(・・・)な?エマ。」

エマ「任せて。私がキャロルから発信器のヒント掴んでくる!」

────────────────

シャーッ

ノーマン「なじんでるね。」

レイ「ああ、なじんでる。」

A「…」

洗い物をしながら、みんなとなじんでるシスターを見る。

レイ「発信器は勿論、「全員を連れ出す方法」も考えねぇとな。」

ノーマン「うん…」

第21話 壊し方→←第19話 情報源



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:約束のネバーランド , ノーマン , レイ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:苺の花 | 作成日時:2019年6月6日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。