占いツクール
検索窓
今日:65 hit、昨日:166 hit、合計:127,977 hit

17話 ページ17

獪岳「なんだ、嫌かよ。」



ふるふると首を横にふると、またお兄ちゃんは口付けをする。

深くて、お兄ちゃんの舌が私の口の中を動きまわる。


苦しい、息ができない。

意識が飛んでしまう……



悲しい…お兄ちゃん、私ね、先生と善逸君とお兄ちゃんと4人で暮らしたかったの。


痛くて苦しいことはもう嫌。

悲しい思いなんかしたくないの。


お兄ちゃん、助けて、お兄ちゃん。





目を覚ますとまだ夜で、すごく寒くて体中が痛かった。


体を起こすと腰にぴりぴりと痛みが走る。

着物がはだけていて、足の間に血がついている。

体中、噛み跡や傷があった。


何があったんだろう。すごく痛い。


縁側に目をやると、お兄ちゃんが月を見上げていた。

懐かしい。
お兄ちゃんは、よく月を見ていた。

そこに声をかけると、優しく笑って手招きをし、膝の上に乗せてくれた。



A「おにい、ちゃん…」


お兄ちゃんは私を睨みつけ、ため息をついて近づいてくる。

ぐしゃぐしゃの私の髪を掴み、じっと私の目を見る。



獪岳「…お前も、鬼になるか。」


少し間をあけて首を横にふると、お兄ちゃんは私の頬を殴った。

口の中に血の味が広がった。


痛くて悲しくて涙が出そうになったけど、一生懸命涙をこらえた。


A「…お兄ちゃん、大好きだよ。」


お兄ちゃんは舌打ちをして乱暴に私の胸を握り潰すみたいにつよく爪をたてて掴んだ


A「…っ…いたいよお…お兄ちゃん…」


お兄ちゃんは耳元に顔を近づけて囁く


獪岳「俺がお前を殺してやる。」



そこから意識が途切れ、朝起きた時にはもうお兄ちゃんはいなかった。



ただ体がだるくて、痛くて、涙が止まらなかった。

先生、先生に会いたい。

善逸君にも…


その日は体を動かせなくて、ずっと泣いて眠っていた。

18話→←16話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (125 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
233人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 獪岳 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pocky - 面白い!とっても素敵な作品ですね!! (6月29日 22時) (レス) id: 67e63b3be0 (このIDを非表示/違反報告)
絵宙(えそら) - 読んでる時の感想→「え?え?なんで優しいお兄ちゃんの獪岳が私(夢主)殴ってるの!?作者さん嫌い…いや嘘だけどさ、本当は大好き!!でもどうしてこうなった?あ、最後の獪岳の言葉身に染みる」って感じでうるさかったです…素晴らしいですね(さっきの言葉どうした) (3月23日 2時) (レス) id: 63faa5bcfc (このIDを非表示/違反報告)
実弥LOVE(プロフ) - 最後の獪岳の一言で私の涙腺が崩壊した。 (2月24日 23時) (レス) id: 3871cda528 (このIDを非表示/違反報告)
抹茶タピオカ2号(プロフ) - めっちゃ面白いえ、本当に面白いんだけど!( ゚ロ゚) (2月20日 10時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
ゆい(プロフ) - 続きが見たいです!!! (2月18日 12時) (レス) id: 35ab4fcffb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2020年2月16日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。