占いツクール
検索窓
今日:404 hit、昨日:441 hit、合計:201,188 hit

曲がり角 ページ14

.


Aside




玲於くんたちのあとの私たちの撮影も無事終わって。




「それでは、以上で撮影の方終了します!」




19時前
スタッフさんのそんな声がスタジオに響いた。



どんどんダンサーが楽屋に戻る波に紛れてスタジオを出ようとすると、
後ろから名前を呼ばれる。


振り返ってみれば、こちらに近づいてくる玲於くん。




A「お疲れ様。」


玲於「お疲れ。あのさ、Aこのあと用事ある?」


A「特にはないけど。どうして?」


玲於「今日、このままスタッフさんとかみんなで混ざって飲みましょうってなってさ。Aも来いよ。」


A「え、私も?」


玲於「うん。」


A「行く行く!」




目、キラキラさせながらそう答えれば
そう言うと思った、って玲於くんはおかしそうに笑った。




玲於「じゃあ、店俺らと一緒に行こ。エントランスで待ってて。」


A「わかった。」




じゃあ、あとでね、って、玲於くんと1度別れて私は楽屋に戻った。


急いで着替えて、帰る支度して。




お疲れ様でしたって楽屋を出て
廊下を歩いていると、曲がり角を曲がった先の自販機の所に見慣れた後ろ姿。


玲於くんだ!ってすぐ分かって、足元は自然と早歩き。



角を曲がり切る前に、その名前を呼んだ。




A「玲於く……」


「玲於!」




かき消された、私の声。


女の人の声だった。


玲於くんは、その声がした方に顔を向ける。


すると、こちらからは死角になっている所から、女の人が現れて。




玲於くんは、慣れたようにその人の名前を呼んだ。




玲於「…夏希。」




.

夏希さん→←別物



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (189 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1733人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らな。(プロフ) - xxさん» やっとレスの不具合直りました!(TT)ですよね、ヤキモチですよね!!素直になれよ!って書きながら突っ込んでます。笑 うじうじさせてるのは自分なんですけどね。笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
らな。(プロフ) - ちはさん» いつもありがとうございます(*^^*) そろそろ玲於くんが気持ちを認める頃ですかね...?笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
らな。(プロフ) - ど根性オレンジさん» やっと!!やっと!返信でしました!!もうそれのことについて話したくて話したくて!笑 私は11月に受験があるので、頑張った御褒美に〜、ってねだろうとか思ったりですね←ダメ 同じく金欠なので。笑 (9月30日 13時) (レス) id: 3fd04ece2f (このIDを非表示/違反報告)
xx(プロフ) - いや、意味しかないよ!!笑ヤキモチじゃん!嫌だったんじゃん!それは好きじゃん!意味しかないよ!笑笑 (9月11日 23時) (レス) id: 1ca80b54b4 (このIDを非表示/違反報告)
ちは - 移行おめでとうございます!お互いに早く自分の気持ちに気付いてー!とムズムズしながら楽しく読ませてもらってます笑更新頑張ってください! (9月11日 8時) (レス) id: 3456c85cde (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らな。 | 作成日時:2018年9月9日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。