占いツクール
検索窓
今日:105 hit、昨日:642 hit、合計:295,089 hit

08:** ページ9

.


――先輩になる予定だった(・・・)

その言葉を聞いて、お茶子の脳裏によみがえるのは今朝の会話だ。
芦戸三奈が言っていた『雄英高校ヒーロー科2年生』の噂。

 雄英高校ヒーロー科2年は1クラスしか存在しない。
 何故なら、相澤先生が『除籍処分』したから。

冷たい何かが、背筋をつぅと伝う。
それは明確な悪寒だ。身体の芯が、真っ白になってしまうような。


どうして相澤は、昨年度の1年生を1クラス丸ごと除籍したのか。

成績不良? 素行不良? 性格に難あり?
理由は知らない。分からない。

けれど、確かに存在していた上級生。
そして除籍され、いなくなってしまった生徒。

相澤はよく『除籍』という言葉を口にする。
……けれど、その『除籍』の後について話したりはしない。

だから、お茶子は知らない。
努力家の緑谷だって、聡明な飯田だって知らない。

除籍された生徒の『その後』について。



「――だから、そんな風に身構えないで!
 俺は嘘なんてつかない。ぜんぶ、本当のことさ」


青年……いや、Aは微笑んだ。
まるで夕飯のメニューの話をして、美味しそうだね、とでも雑談するような調子で、ひらひらと手を振り、自分は無害だと笑うのだ。

鉄棒を背もたれにし、にこやかなA。
夕暮れ時の涼しい風が、彼の淡い髪をゆるやかに弄ぶ。


「何もお説教をしようだとか、有難いお言葉をかけようだとか。
 そんなつもりはまったくないんだよね。でも、ただ――…」


ぐい、と。顔が近づく。

音もなかった。気配もなかった。
彼は一瞬で、おそらく一歩で。

キスだってできそうなくらい、お茶子に近づいた。


.

09:**→←07:有精卵と無精卵



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (202 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
549人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 男主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

るいるい**(プロフ) - カイさん» コメントありがとうございます! 嬉しいですvV (5月29日 21時) (レス) id: ffc7d791fa (このIDを非表示/違反報告)
カイ - お茶子も主人公も両方可愛い! (5月29日 20時) (レス) id: 2843dfb22b (このIDを非表示/違反報告)
るいるい**(プロフ) - 猫好きさん» 健全な占ツクでその話題はいけない…(戒め) (5月24日 8時) (レス) id: d4f8fbb131 (このIDを非表示/違反報告)
猫好き - 野獣せんぱ……すみません (5月24日 0時) (レス) id: fdca804d9b (このIDを非表示/違反報告)
るいるい**(プロフ) - 祟璃さん» うわぁあ人名のミスとかいちばんやっちゃいけない誤字! ありがとうございます!本当に助かります! 修正致しました! (5月20日 10時) (レス) id: d4f8fbb131 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:るいるい** | 作成日時:2019年5月12日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。