占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:4,194 hit

9% ページ10

.



子「ねぇ、家はどこなの?」



「な、何故だ?」



子「方角が一緒なら一緒に帰ろうよ」



「それは…ダメだ。頼む…僕は君は失いたくない。君はいい人だから。」



子「…あなたに危害を加えなければ
殺されることはないんじゃないかしら?」



「…僕が怖くないのか?」



子「怖くない。だってあなた普通の可愛い
女の子じゃない。」




そう言うと彼女はそっぽを向いた。
耳が赤くなっていたのは見てないことに
してあげよう。



「君の名前を聞いてなかった。」



子「志麻 綾子。皆からは志麻子ってあだ名で呼ばれてる。」



「志麻子ってよんでも?」



子「いいよ、A。」




彼女はまた不器用な笑顔を浮かべた。

10%→←8%



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
81人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 志麻 , 志麻子
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Sugar(プロフ) - 志麻セン寄りのcrewさん» わぁ、ありがとうございます!! こちらの垢になっても頑張ります!! (5月6日 12時) (レス) id: 32c671349e (このIDを非表示/違反報告)
志麻セン寄りのcrew - 前回の作品から着させてもらいました!応援しています!頑張ってください! (5月6日 10時) (レス) id: e4b55a25ee (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sugar | 作成日時:2019年4月28日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。