占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:9 hit、合計:4,225 hit

13% ページ14

志麻子side



Aと絡むようになってから、
私の周りには人がいなくなった。
まぁ、分かってたけどね。




「なぁ、志麻子。
君はやっぱり僕と居ない方がいいよ。
君は普通の子じゃないか。」




子「何言ってんの、Aだって普通の子よ!」




「………だが…」




私は大丈夫。



そう微笑んでみせれば彼女もまた笑顔になる。
生まれた環境がどうであれ、
人は自由なのだから。




だから、どうか貴方には幸せになって欲しい。




子「そーだ!今日の放課後空いてる?」



「まぁ、暇だけど…」



子「じゃあクレープ食べに行こうよ」



「いいのか?」



子「もちろん!美味しいお店知ってるよ」




「あぁ、ありがとう」





楽しみだ、と微笑む彼女は誰がどう見ても
普通の女子高校生だった。

14%→←12%



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
82人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 志麻 , 志麻子
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Sugar(プロフ) - 志麻セン寄りのcrewさん» わぁ、ありがとうございます!! こちらの垢になっても頑張ります!! (5月6日 12時) (レス) id: 32c671349e (このIDを非表示/違反報告)
志麻セン寄りのcrew - 前回の作品から着させてもらいました!応援しています!頑張ってください! (5月6日 10時) (レス) id: e4b55a25ee (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sugar | 作成日時:2019年4月28日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。