占いツクール
検索窓
今日:2,480 hit、昨日:1,809 hit、合計:208,205 hit

朝ご飯 ページ13

「すみません、朝から慌ただしくて」




ポカン、としていた希癒サンが、我に返って俺を振り向いた。




「朝ご飯、食べれられそうですか?勝手に作っちゃったんですけど…」


「あー…。そこまでしてもらうの悪いし、俺帰るよ」


「ついでだったので大丈夫ですよ。簡単なものですし」






いくら俺がヒーローでも、昨日出会ったばかりの男にここまでするなんて、







「なんて言うか…変わってるね」


「はい?」


「いやー、俺のファンでもないのに、ここまでしてくれるなんてさ」


「あ、…お節介でしたか?」


「全然〜」





慌てて否定すると、彼女は「よかった」、と胸を撫で下ろした。







「ホークスさん、なんか寂しそうな目をしてらしたので」


「え、目?」


「はい。なんて言えばいいのか分からないんですけど…」





「すみません、変なこと言って」、と彼女は苦笑して立ち上がった。






「よければ食べて行ってください。私はリビングでお茶淹れてますね。そこの廊下を突き当たりです」


「あー、うん。わかった」


「あ、そうそう。弘樹が、お風呂入ってきなって言ってましたよ」


「風呂?」


「昨日、お風呂使って頂こうかと思ってたんですけど、それより眠そうだったので。「仕事終わりで汗だってかいたでしょ。起きたらお風呂かしてあげなよ」って弘樹が」


「弘樹クン優しいよね」


「自慢の弟なんですよ。心配性で、ちょっと口悪いですけど」


「憎めない性格してる」


「はい笑
あ、弘樹が服置いていってました。お風呂場に」









用意周到。それに尽きる。

昨日会ったばかりだけど、しっかりしてるとつくづく思うよ。


ちょっと天然入るのが面白いし可愛いけど笑








「お風呂場はこの部屋の隣です。タオルも石鹸類も好きに使ってください」







そう言って、彼女は部屋を後にした。

○作者です○→←体調どうですか



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (372 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1129人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , ホークス , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

麗羽 通知来ねぇ(プロフ) - 四期のエンディングの幼いホークスに重ねてしまいました……ホークスには本当に幸せになってほしいです。 (3月25日 18時) (レス) id: 835b4d5769 (このIDを非表示/違反報告)
森田真月(プロフ) - ta0628tm0105さん» コメントありがとうございます!更新がんばりますね! (3月24日 15時) (レス) id: 9126cfb294 (このIDを非表示/違反報告)
ta0628tm0105(プロフ) - ホークスよか!!カッコよすぎー!!更新楽しみにしてます!頑張ってください! (3月23日 22時) (レス) id: 0ed1a1911f (このIDを非表示/違反報告)
森田真月(プロフ) - まりんご。さん» コメントありがとうございます!私もホークス大好きです!笑 (2月2日 20時) (レス) id: fad16577cb (このIDを非表示/違反報告)
まりんご。(プロフ) - ホークス好きすぎる (2月2日 11時) (レス) id: c658b16e49 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:森田真月 x他1人 | 作成日時:2020年1月3日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。