占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:11 hit、合計:53,028 hit

・YOU ページ8

-------------------------------
20XX年 10月3日。



今回つかまえたばかりのテヒョン君。



彼の身体検査が終わった。





なんか
携帯みて
すっごい落ち込んでたけど・・・







嫌な連絡でもあったのかな。






考えてみたらかわいそうよね。


家族だって
息子が犯罪者呼ばわりされてやりきれないでしょう。








気に病んで自ら命を絶つ人もいるらしいし。









私自身

このプレカン制度には否定的なんだけど・・・。









ふと

テヒョン君が心配になって



こっそり彼の部屋を訪ねてみた。









-----------------------






彼はベッドに横たわって


泣いていた。









テヒョン「!





・・なんだよ。




何しに来たんだよ・・・。」









彼と目が合った。









A「ごめん・・・のぞくつもりじゃ・・・。」







テヒョン「のぞいてんじゃん。





ほっといてくれって言ったろうが!!」









今私を見る彼の目は






恨みたっぷりで









まさに





「殺人鬼」の目つきだった------------。









やっぱり

未成年でお酒も飲んでるみたいだし







見た感じも派手だし









この目つき。








検査の結果は正しいのかもね・・・









同情は危険か。









A「失礼。」









私が出て行こうとすると









隣の部屋から気配-------------。









そっとのぞくと









A「ジミン君・・・。」









私を見つけて
笑顔のパク・ジミン君だった。

・JM→←・TH



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。