占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:9 hit、合計:54,552 hit

・YOU ページ39

-------------------------------
20XX年 12月3日。





A「美味しかった?」



ジミン「はい。とっても。」









私はジミン君を食事に連れて行ってあげた。




寒くなったから
鍋にした。




食事が終わって
私たちはぶらぶらと町並みを歩いていた。






ジミン君と会ったのは


「約束」だったから------。






プレカンを出たら
外で会おうって言ったのは私。






まだ19歳の彼を
裏切ってはいけない。






A「寒いね。」



ジミン「寒いですね。」







私が10代の頃は



ただただ暗かった------。






心の傷が深すぎて


青春なんて私には訪れなかった。









ジミン「寒いから・・・










繋いでもいい?」







A「!



ん。」








こんな甘酸っぱくて
初々しい恋なんて






私には経験のないことで------







彼の綺麗な心を
汚しちゃダメだって
思った。









A「でも





私の手





------冷たいよ?」






私が手を差し出すと

彼は照れ臭そうに目を伏せながら







あったかな大きな手で包んできた。









ジミン「僕があっためてあげます。」









手を繋いだ。








この子とは

キスもしてしまった仲。









------私も何を考えているんだろう。







いや、



何も考えていないのかもしれない。






申し訳ない。






ジミン君の横顔。







去年初めて会った時と
まるで雰囲気が変わっていた。






男の子から

オトコに変わる瞬間------。







それは





いつなんだろう。







----------


街はもうクリスマスのイルミネーションが始まっている。






もうそんな季節なんだと気づく。







誰と一緒にいても
私の心は
満たされることはない。








いや、








満たされては








いけない。









ジミン「Aさん…。」






ジミン君の息が白い。








A「なに?」







ジミン「ずっと







そばに




いたい。------」









彼の今にも消えてしまいそうな儚い顔。






私の胸の奥で

ずんっと響いた気がした。





それは
鈍い痛みとなって


私を静かに責めた。








A「ジミン君…。」








ジミン「僕は





もう







Aさんしか





嫌です。」








A「あはは!!


やめてよ。。」







ふわりと私の視界を遮り






ジミン君は






私の唇を



ふさいだ。

・→←・JM



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
324人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。