占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:11 hit、合計:53,026 hit

第5話:覚醒 KN ページ36

-------------------------------
20XX年 11月27日。





ナム「てことはつまり、、、


チェさんはプレカンを去る気持ちはないってことですか?」






ジン「そうだ。」








郊外のとあるさびれた飲食店で

俺は


医大の先輩








ジンヒョンと会っていた。









ジン「彼女は







僕からの結婚の申し出も








------断ったよ。」







ナム「へえ、、。」







ジンヒョンは暗かった。








ジン「彼女は






一生





独身を貫くそうだ。」








あの合コンで知り合ったジンヒョンとチェさん。




俺もあの席に呼ばれたメンバーだったけど、

3人の女子の中で一際美人で

目立つのに







------殺気というか








際立つものを感じた人だった。









ジンヒョンはそんな彼女にかつて惚れちまったわけだけど・・・。









ナム「ジンヒョンのアプローチ作戦でも

チェさんをプレカンから出すことはできないってか。。。」







これは噂に過ぎないが


プレカンに医師免許を持たずして医務官になった女がいて






その女が







殺人ホルモンをはじめとする

凶悪犯罪に人を導く生体物質の全てのデータを管理する某大学教授と通じていて・・







今はプレカンの検査の全てを管理するのはその女で







その女を潰さない限り



この馬鹿げたプレカン制度はなくならない、、、とか。







「その女」とはきっと


他でもない





チェ・A医務官なんだろう。









俺はジンヒョンにチェ医務官に近づき

彼女の力を奪うよう





頼んだのだが・・・。






ナム「じゃあ、ジンヒョン、


次の作戦なんですけど…」







俺はジンヒョンに次の作戦を依頼しようとした。









------ところが









ジン「すまないけど






断る。」







ナム「!?



え、、。」








何?!








ナム「なんで、ジンヒョン。



協力してくれるんじゃなかったんですか?」








ジンヒョンは
大きなため息を1つついて言った。







ジン「これ以上




彼女をハメるような真似はしたくない。」






!!








ナム「なんだよ、ジンヒョン。




もうチェさんに気はないんじゃ?!」









ジン「かつて大好きだった人を





簡単に忘れられるかよ…。」








俺の誤算だった。







チェ医務官ってなんて女なんだ。







完全にジンヒョンの心を

再び奪って------。

・YOU→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。