占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:49 hit、合計:53,005 hit

・TH ページ27

-------------------------------
20XX年 11月21日。

夕方5時。








俺は医務室を訪ねた。





ノックすると
白衣姿の


チェ・A医務官が出てきた。






A「入りなさい。」


テヒョン「うっす。」








昨夜
ユンギさんにそそのかされて
このオンナを襲おうとしたら




逆にスタンガンでビリリとやられて・・・






気づいたら男の医務官に心配そうに覗き込まれてて(汗)







で、

今日は

A医務官からここへ呼び出されて

きた。







A「座って?」





診察用の椅子に座るように促された。






A「ゆうべはごめんなさい。



体調は大丈夫?」








------複雑な気持ちだった。








この女

感情あるのか?








テヒョン「おかげさんで、


気分悪い。」






すると

A医務官は申し訳なさそうに言った。









A「手荒なことして、


悪かった。





ごめんなさい。」







俺は

罪悪感にかられた。







だが、
実際
このオンナが俺をここに連れてきたせいで


俺は彼女も失ったし



世間の信頼も失ったわけで・・・








「腹いせ」でやってしまったことは否定できない。







謝罪の言葉。






素直に言い出せずにいた。









テヒョン「あのさ?」




俺に話しかけられると

A医務官は

優しそうな眼差しで






俺を見た------。









------どきりとした。








A「なに?





言ってごらん?」








テヒョン「、、、




なんで



あんた






こんな仕事してんの?」








つくづく
綺麗な顔だった。









A「言ったでしょ?









私のカラダは







綺麗じゃないって…。」



















A「12歳の時に








知らない男に









乱暴されたの。」









!!!





テヒョン「え、、、。」








一気に
心を持って行かれた。気がした。









A「それだけじゃない。」








A医務官の顔が
細かく震えた。









A「私が失ったのは



私のカラダだけじゃなかった。









現場を目撃してしまった







幼い妹の






命も









その男の手によって








失ったのよ。」

・→←・JM



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (114 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
326人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS   
作品ジャンル:その他
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:life | 作成日時:2017年9月5日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。