占いツクール
検索窓
今日:843 hit、昨日:431 hit、合計:170,086 hit

19 Süßer Kuss ページ19

貴女 side





ガタガタと鉄の鈍い音で目を覚ます








わけも分からずベッドから飛び起きるとそれは天井からだった




時刻は朝6時ほど





武器などは近くになくあったとしてどうにかできるわけは無い





それならこの窓から逃げようと羽根を広げたとき





天井の蓋が外される





勢いよく羽根を羽ばたかせるとその影はゾムさんということが分かった





zm「いやぁすまんすまんw


誰かがダクトの蓋しっかり固定してて入れんかったんや」




いつもは静かやでとにこにこ顔





zm「ごめんなぁ、びっくりさせたよな」





当たり前だ




羽が無意識に自分を守るようにしているくらいだ






『……ばか』





言ってしまった……と理解した頃には遅く




ゾムさんは満面の笑み、恍惚な笑みを浮かべ愛おしそうに私を抱いた






zm「なにしてもかあええなぁ!


俺と夫婦になろうやぁ〜」





『いや、飛ばしすぎです』



zm「じゃあ付きあってぇや」




『まだ出会ってまもないので』





zm「じゃあ、俺の事もっと知ってや」



頬を包む少し暖かい手、引き込まれるような翡翠の瞳




優しい表情にドキリとした






額と額がくっつく




目と鼻の先にゾムさんの顔があって








そっと柔らかい感触が口元に触れた






kn「A!!!朝ごはん何食う……か……」




pi「うわ……」





ほんの数秒、タイミング悪く2人が入ってきてしまい





ゾムさんはそれに気づいてないのかうっとりと幸せそうな顔を私に向けた






『……ぁう』





顔が熱くなるのを感じ距離を取ろうとコネシマさん達の元へ飛びついた







kn「ゾムぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!!!」





コネシマさんの大きな声で起きた者も少なくはないだろう





その後幹部達にゾムさんが攻められたことは言うまでもないだろう……

20 Burgstadt→←18 Ich werde dich für den Rest meines Lebens lieben



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (285 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1248人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , d! , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

かみぶくろ - そうなんですよ〜。でも、現実は厳しかったです!いつか椎名さんみたいにランキング上位に入るよう頑張ります!! (2月15日 19時) (レス) id: 50a29b0d71 (このIDを非表示/違反報告)
椎名(プロフ) - かみぶくろさん» えぇ?!ほんとですか〜!嬉しいです!!ありがとうございます( ´ ` ) (2月15日 16時) (レス) id: 9f62c09765 (このIDを非表示/違反報告)
かみぶくろ - 本当ですか?!ありがたです!僕、椎名さんに憧れて小説書き始めたんです! (2月15日 16時) (レス) id: 50a29b0d71 (このIDを非表示/違反報告)
椎名(プロフ) - かみぶくろさん» ありがとうございます!また時間を見つけて見に行きますね! (2月15日 10時) (レス) id: 9f62c09765 (このIDを非表示/違反報告)
かみぶくろ - あの、お時間があればでいいんですけど、僕も我々ださんの小説かいてて椎名さんの作品よりはるかに下手くそですが、もし!もし良かったら読んでみてください!作者名かみぶくろ*なんで! (2月14日 21時) (レス) id: 50a29b0d71 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:椎名 x他1人 | 作成日時:2021年1月13日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。