占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:6 hit、合計:5,602 hit

第一章 事の始まり ページ1

.








『お……お……‼









.









お城ーーーーーーッ‼⁉』


キルア「うるせー‼」ゴツッ‼






私の頭を殴り、そう怒鳴るキルア
そしてそれを苦笑しながら見るゴン







いつもの私達…なのだが……







『お城で食事会って……ハァ⁉じょ、冗談にも程が…』


ゴン「それが冗談じゃないんだ…;;




俺だって最初は信じてなかったけど、これ…








ハンター協会専用の印鑑押されてるんだもん」






ゴンがそう言って私達に見せびらかした招待状には、しっかりとその印鑑が押されていた。






ハンター協会専用…つまり、ハンター協会の者しか使えない、知らない身分証明法の事だ。







ゴン「旅の途中の休息ってことで!






行ってみようよ!」




「丁度三枚届いてるし!」と私達の手に無理矢理握らせるゴン。





キルア「でもそーゆートコって、正装していかなきゃ浮くヤツだろ?


メンドく((「まだ発売されてない、新種類のチョコロボくんあるってさ」






………行く」←





『いや、お城にチョコロボくんて…似合わなっ』






キッ、と鋭い目で私を睨むキルア。






『……ど、どっちが…とは言ってないヨ;;;』←






…まあ、正装なら前にオークションに着て行ったやつがあるし!




高級食材とか使ってるんだろうなぁ〜…!






頰を緩ませながらその光景を思い浮かべる。






キルア「…っ///
…しゃーねーな



ゴン、その食事会っていつ?」




ゴン「えーとね…明日?って書いてあったよ」

「『明日⁉‼』」←




キルア「もし誰も人来なかったら、準備してたモンどうするつもりだったんだよ…;;」



『それほど料理の味に自信があるんじゃない⁉



はぁ〜…早く食べたいなぁ〜‼』








そう…早く








早く、その幸せを噛み締めたい









………誰か、この時の馬鹿な私達を









どうか、止めてはくれないだろうか。









この、平凡な日々を









どうか………返しては、くれないだろうか。

.→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
23人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 幸福と不幸 , 特別編
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゃーぺん@彩(プロフ) - NIT姉貴さん» おお…神よ…!! (8月15日 10時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)
NIT姉貴(プロフ) - しゃーぺん@彩さん» ファントムルージュとかマジで大好きです。   好きなように書くが良い…(天からお告げ) (8月15日 6時) (レス) id: 0d6dd62184 (このIDを非表示/違反報告)
しゃーぺん@彩(プロフ) - NIT姉貴さん» ファントムルージュとかどうでしょう!?めちゃくそ書きたいです…! (8月14日 23時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)
NIT姉貴(プロフ) - なんかもう…泣いた←    ここまで来たなら映画のほうも見てみたいですね。(負担かけ発言) (8月14日 21時) (レス) id: 0d6dd62184 (このIDを非表示/違反報告)
しゃーぺん@彩(プロフ) - レイさん» こちらこそ、読んでくださりありがとうございました! (8月14日 12時) (レス) id: 0a0b323a42 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゃーぺん@彩 | 作成日時:2019年8月8日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。