占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:32,418 hit

わがまま王子 06 ページ6

それからの藤ヶ谷は、




ほんとにほんとに普通で




あれ以来あんな顔しなくなって




「いつもの藤ヶ谷」だった。








あれから。





俺は





女に言い寄られても





1度たりとも抱き捨てることなんてなく





付き合うこともなかった。




でも





藤ヶ谷を揺さぶってみたくて






「今日は晩飯いらない。

朝帰ってくるから。」





何度も何度も嘘をついたけど





「承知しました。

お気を付けて、宏光様。」





普通に送り出してくれるし





あの時の表情も、見せない。





……またあの顔が見たいのに。





あの時の気持ちはなんだったんだろう。





考えることは、藤ヶ谷のことばかり。









────








「ほぇ〜ミツにバカ、ってその人すごいね」

「……るせぇ」




また藤ヶ谷に「女と遊ぶ」と嘘をついて





やってきたのはカフェ。




もちろん相手は女ではなくて



横尾さん、なんだけども。




横尾さん。は




俺の幼なじみ。




一つ下だけど




俺より大人で




俺のことをよく考えてくれる




すごく優しい人




唯一の親友だ。








「……それで、その藤ヶ谷さん?の表情だけが気になって、

あれほど女遊び激しかったみっちゃんが関係全部断ち切ったんだ。」

「みっちゃん言うなっ!」





ごめんごめん☆ってニコニコ笑う横尾さんの笑顔に俺は何度も救われてきたなぁ、と思う。




「みっちゃん。」




アイスコーヒーのストローをくるくる回す手を止める。



カランっ、と、氷が音を立てた。






「…恋、しちゃったんだ?」

「………………え?」









優しい声で横尾さんは






「その人のこと、好きになっちゃったんだね。」





ニコニコ笑って、そう言った。

わがまま王子 07→←わがまま王子 05



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (140 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
117人がお気に入り
設定キーワード:Kis-My-Ft2 , 藤北 , 藤ヶ谷太輔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちぇりリン | 作成日時:2017年10月15日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。