占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:32,424 hit

わがまま王子 14 ページ14

「なっ、なんだよ………」




この期に及んで、「バカヤロウ」って……。




「お前の方がバっ……」




バカヤロウだろ!って





言い返してやろう




と思った俺の唇に




藤ヶ谷の唇が




ほんの一瞬だけ





触れ合った。






「なにすんだよっ」






なんで、なんでなんでなんで






キス、されたの






嬉しいけど






藤ヶ谷はなんで






バカヤロウって言ったくせに





なんで









「今更ですね、宏光様」









「あの時

あなたを叱った意味、ご理解されていなかったようですね。」









「……俺だって、好きなんですよ…………」









小さく聞こえた言葉









えっ、と言う声を出すまもなく









「……っ!!!!」









右手をきゅっ、と握られ





あまりにも優しすぎるキスを





された。

わがまま王子 15→←わがまま王子 13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (140 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
117人がお気に入り
設定キーワード:Kis-My-Ft2 , 藤北 , 藤ヶ谷太輔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちぇりリン | 作成日時:2017年10月15日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。