検索窓
今日:144 hit、昨日:542 hit、合計:261,487 hit

19 ページ19

「俺から離れたら、あいつどーなっても知らないから」



そう脅され、彼は宣言通り挨拶回りを始めた。



私はその隣で、嘘の笑顔を必死に浮かべて、話を振られれば余計なことを言わないように気をつけて言葉を発する。



彼の機嫌を損ねたら、何をされるかわかんない。



だから精一杯、平常心を取り繕う。



「もうこんなもんでいっか。A、なんか飲む?」



「いらない」



「せっかくAの好きなぶどうジュースの高級品取り寄せたのに」



そんなもので気が紛れるとでも思ってるの?馬鹿にしてるよね、ほんと。



「もうそろそろ行くか。ステージに」



「……」



「A?行くよ?」




腕を引かれ、それについて行く。




下手な抵抗はしない。でも、素直に従いたくはない。




こんな無意味な行動で、どうにかなるとも思ってないけど。




司会者「それではお待たせ致しました!本日、目黒蓮様の婚約者が発表されます!目黒蓮様は、御歳17歳。若くして、目黒財閥でお父様のお仕事を手伝い、会社の未来を導いているお方です。では、目黒蓮様、よろしくお願い致します」



「ご紹介に預かりました、目黒蓮です。今回は、お集まり頂き、感謝します。早速ですが、婚約者の方を発表したいと思います。僕の婚約者は……、



















AAです」





司会者「AA様、ステージへお上がりください」




……もう、私はいない。これからは、一生目黒蓮という男に支配される女だ。




「彼女は、中学の頃からの同級生です。実は、僕の一目惚れで。一目見た時から、この人と生涯共にありたいと思っていました。そして、彼女は一般人。この業界のことに関しては、知らないことの方が多い。どうか暖かい目で、彼女と僕の未来を、応援してください。

また、結婚式は高校卒業と同時に行う予定ですので、よろしくお願い致します。……」





何か言っているけど、頭に入ってこない。



たくさんの人の中、好奇な視線が突き刺さる。



あ……、こんな未来のために、私って生きてたんだ。




両親が死んで、苦しくてたまらなかった。一緒にあの世に行きたかった。でも、両親が大切に育ててくれた私だから、頑張って生きようと、そう思っていたのに。



こんな最低な未来が待ち受けていたなんて。



私……、なんで生まれてきたの?





「A、最後にご挨拶を」




「……AAと申します。これから、どうぞよろしくお願い致します」

20→←18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (353 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1704人がお気に入り
設定タグ:snowman , 目黒蓮 , ジャニーズ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あーちゃん(プロフ) - MaNaさん» いえいえ、こちらこそレスありがとうございます!続編が出てくれるだけで嬉しいので、いつでも待ちます! (8月30日 21時) (レス) id: df602a468b (このIDを非表示/違反報告)
MaNa(プロフ) - あーちゃんさん» あーちゃんさん、ありがとうございます!続編、遅くなっちゃうかもですけど、ちょっとずつ考えてみます!めめ担に言ってもらえると本当に感激です!!!! (8月30日 16時) (レス) id: f9dc76f740 (このIDを非表示/違反報告)
あーちゃん(プロフ) - 続編ぜひ、作ってほしいです!めめ担なのでいつもにやにやしながら読ませてもらってます!最高です! (8月29日 22時) (レス) @page44 id: df602a468b (このIDを非表示/違反報告)
MaNa(プロフ) - リンさん» リンさん、ありがとうございます!楽しんでもらえるよう頑張ります!!! (8月24日 21時) (レス) id: f9dc76f740 (このIDを非表示/違反報告)
リン(プロフ) - たまたまおすすめに上がってたので読んでみました〜。めめの狂愛…たまりません😅 (8月22日 11時) (レス) id: 89596a4d56 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:MaNa | 作成日時:2022年8月7日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。