検索窓
今日:287 hit、昨日:668 hit、合計:261,088 hit

12 ページ12

こーじが転入してきて1週間。





なぜかあれから彼ら3人が学校に来ることはなくて。




こーじを中心に、私たちのクラスには活気が溢れつつあった。




なのに、





渡辺「あー、ここ来んの久々」




深澤「誰かさんにこき使われてたからな〜」






クラスの空気が一気に変わった。




瞳に怯えを写し、存在感を消す。




彼らの存在に、みんな震撼する。






「A、久しぶり。会いたかったよ?」




ビクッ




急に背後に触れた存在を認識する前に、耳に悪魔の声が囁かれた。





「1週間、寂しい思いさせてごめんね?」




あ、……またあの日々が始まるんだ…。



あの絶望が_____




向井「みんなどーしたん?てかAに引っ付いとる奴誰や!」




こーじ……。今は駄目……




「あー、お前が噂の転入生?」




向井「そ、そーやけど」




私から離れてこーじのとこに向かう彼の目は、





今まで見た中で、1番暗くて、怖い……。




この感じ……このままじゃ、こーじが標的にされる…!




「こーじ、!」




「よろしくな、転入生。名前なんて言うの?」




仮面の笑顔を貼り付けた悪魔は、優しい彼に静かに牙をむいた。




向井「俺は向井康二やで!大阪から来てん!そっちはなんて言うん?名前」




「目黒蓮。呼び方はなんでもいいよ。よろしくな、康二」




向井「じゃあ……めめにするな!!目黒蓮て名前めっちゃかっこええやん!」





こーじと彼の会話に、クラスメイトも私も唖然とした。渡辺くんと深澤くん以外の誰も、彼と対等に話すことなんてできなかったから。





彼から、さっきまでの暗い負のオーラは消えていた。




こーじは、このクラスを、彼を変えてくれるのかも。




そう思った。そうなると信じたいと思った。
















でも、本当の絶望は、ここからだった。

13→←11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (352 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1703人がお気に入り
設定タグ:snowman , 目黒蓮 , ジャニーズ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あーちゃん(プロフ) - MaNaさん» いえいえ、こちらこそレスありがとうございます!続編が出てくれるだけで嬉しいので、いつでも待ちます! (8月30日 21時) (レス) id: df602a468b (このIDを非表示/違反報告)
MaNa(プロフ) - あーちゃんさん» あーちゃんさん、ありがとうございます!続編、遅くなっちゃうかもですけど、ちょっとずつ考えてみます!めめ担に言ってもらえると本当に感激です!!!! (8月30日 16時) (レス) id: f9dc76f740 (このIDを非表示/違反報告)
あーちゃん(プロフ) - 続編ぜひ、作ってほしいです!めめ担なのでいつもにやにやしながら読ませてもらってます!最高です! (8月29日 22時) (レス) @page44 id: df602a468b (このIDを非表示/違反報告)
MaNa(プロフ) - リンさん» リンさん、ありがとうございます!楽しんでもらえるよう頑張ります!!! (8月24日 21時) (レス) id: f9dc76f740 (このIDを非表示/違反報告)
リン(プロフ) - たまたまおすすめに上がってたので読んでみました〜。めめの狂愛…たまりません😅 (8月22日 11時) (レス) id: 89596a4d56 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:MaNa | 作成日時:2022年8月7日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。