占いツクール
検索窓
今日:24 hit、昨日:38 hit、合計:18,107 hit

75 ページ25

タカシの若干のキャラ変もあったけど、(笑)
みんなが作ってくれたご飯をみんなで食べた。


当たり前に感じがちだけど、とても幸せな事だと思う。


『ごちそうさまでした!

美味しかったよ、ありがとう!


お風呂入ってくるねー』


食べ終えた食器を運んでからお風呂場に向かった。


玄関近くの廊下を見てみると、水滴はしっかりと無くなっていた。


心の中でユーキを褒めながら洗濯機に洗濯物と洗剤を入れ、お風呂に入った。




先日のお風呂の中で熟睡事件(?)から私はお風呂の中で本を読むことにしている。


小説を読んでれば本の中の世界観に引き込まれて、眠くなることはないし!


それに、こうやってゆっくりする時間も率先して取る習慣は私自身にとっても良い...気がする。笑


読書は適当なタイミングで切り上げて、お風呂から上がった。




ユースケ「おっ!おかえりー!

そうだ、アイス食べる?」


お風呂上がりに嬉しい一言。


明日は朝ゆっくりめだった気がするから、リビングで少しのんびりする事にした。



次第とリビングにみんなが集まっていって、みんなが揃った。



コーイチ「なんか、ええな。」


リョウガ「ん?」


コーイチ「いや、何も言わんでもなんとなーく
こうやって全員がリビングに集まって

そう言うのってええなって思って。」



うん。私もそう思うよ。


みんなが次第に家族になっていってる感じがするよね。


タカシ「せやな!


俺も好きやで、このなんとも言えない
他にはないあったかい感じ。」


ユースケ「よし!アイス食べよ!」


タクヤ「いつの間に買ってきたんだよ笑」


ユーキ「俺とユースケで夜ご飯の買い出しに行った時だよー!

いっぱい買ってきたからしばらくはアイスの心配いらないよ!」


カイ「...もう夏終わってるわ笑


すぐに寒くなるんじゃない?」


リョウガ「んー、

そうなったら買ってきた二人が責任を持って食べようね笑」


ユーキ「別にぜんっぜんよゆーだし!」

ユースケ「そうだよ!

冬でも全然食べれちゃうもんね!」


それなら良かった笑


タカシ「よし!じゃあ早いもん勝ちやな!」

ユーキ「えっ!まじで!」


タカシの声でみんな一斉に立ち上がって冷蔵庫に向かって走り出す。


コーイチ「あっ!

タクヤそれ俺が食べたいと思ってたやつや!」

リョウガ「あっ、痛い、ガリに気を遣え!」


カイ「こらこらー、レディーファーストでしょー?」

76 カイside→←74



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
389人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , 草川拓弥タクヤ , コーイチタカシ   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あっしゅ(プロフ) - MIKA24327755さん» ありがとうございます(*´∇`*) (2月19日 14時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)
MIKA24327755(プロフ) - ありがとうございます!応援します! (2月19日 13時) (レス) id: febd0eb0fd (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - MIKA24327755さん» 3の方から徐々に進んでいるとは思うのですが...作者はお話のつもりで作っているので、最終的な所はお話を読んで知って頂きたいと思っています。 (2月11日 8時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)
MIKA24327755(プロフ) - mainの拓哉とはどうなっていくんですか??? (2月10日 22時) (レス) id: febd0eb0fd (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - ムラサキさん» すみません...!ありがとうございますm(_ _)m (2017年12月6日 22時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あっしゅ | 作成日時:2017年9月4日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。