占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:30 hit、合計:106,597 hit

68 ページ18

家に帰るとカイ、タクヤ、ユースケが居た。


『ただいま。』

カイ「おかえりー
どっか行ってたの?」


『うん。ちょっと事務所行ってた。』

タクヤ「ねぇ、腹減った。
手伝うからなんか作って。」


あ、そっか。

まだみんな朝ごはん食べてないのか。


『じゃあお昼近いし、ちょっとでいいよね?

カイたちは食べる?』


カイ「お、俺らのも作ってくれんの?

じゃあお願いしよっかな。」

ユースケ「俺も!」

『了解!』


タクヤ「何すれば良い?」

カイ「何すれば良い?」

ユースケ「何すればいい!?」


みんな、めっちゃ前のめり...笑


『じゃあ、タクヤはお鍋にお湯沸かして?

カイはお箸とか用意してもらって、

ユースケは...応援して!』


ユースケ「応援!?

え、何を応援すんタクヤ カイ「「分かった。」」


食い気味ー!笑









「「「いただきます!」」」

『どーぞ。笑』


カイ「うまっ、」

タクヤ「そりゃそうだろ、Aが作ってんだから」


ユースケ「応援した甲斐があった!」


私はもう、この人たちから片時も離れちゃいけない。


ずーっと、一緒にいたい。






タクヤたちが美味しそうに食べているのを見て、


改めてそう思った。




カイ「...暇だな。」


『良いことだよ。』


タクヤ「でもあまりにも暇すぎる。


どっか行かね?」


『みんな一緒にいたら目立つね笑


でも良いんじゃない?行ってらっしゃい。笑』


ユースケ「え、何言ってんの?

Aも行くんだよ!笑」


『私も?

んー、まぁいっか!』


カイ「じゃあ決まりだな。どこ行く?」


タクヤ「渋谷」

ユースケ「どこでも!」

『お台場!』



カイ「ハモった...笑

じゃあタクヤから言って!」

タクヤ「渋谷。」

カイ「はい、次ユースケ」

ユースケ「どこでも!笑」

カイ「Aは?」

『お台場!』


そう、今ちょうど超特急がお台場にある施設とコラボしてるから本人たちが行っちゃおう!みたいな笑


カイ「うん、お台場は却下ね笑

バレたら面倒すぎるから笑」


...ちぇっ




ユースケ「そういえば今日平日じゃん!


A、学校行かなくていいの?」


『うん。

行っても友達いないしつまんないから。』


タクヤ「新しい学校、何回行ったの?」


『2回。

でもその時はまだデビュー前だったから、みんな

こいつ誰だよ、みたいな目で見てきた』


カイ「そっか。

でも今行ったらまた何か違うんじゃないか?」

69→←67



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
379人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , 草川拓弥タクヤ , コーイチタカシ   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あっしゅ(プロフ) - MIKA24327755さん» ありがとうございます(*´∇`*) (2月19日 14時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)
MIKA24327755(プロフ) - ありがとうございます!応援します! (2月19日 13時) (レス) id: febd0eb0fd (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - MIKA24327755さん» 3の方から徐々に進んでいるとは思うのですが...作者はお話のつもりで作っているので、最終的な所はお話を読んで知って頂きたいと思っています。 (2月11日 8時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)
MIKA24327755(プロフ) - mainの拓哉とはどうなっていくんですか??? (2月10日 22時) (レス) id: febd0eb0fd (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - ムラサキさん» すみません...!ありがとうございますm(_ _)m (12月6日 22時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あっしゅ | 作成日時:2017年9月4日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。