占いツクール
検索窓
今日:55 hit、昨日:8 hit、合計:106,659 hit

51 ページ1

タカシ「今回ファンミを開いて加入を報告した理由は1つだけなんよ。」


ひと通りのここまで至った経緯を説明し終わると、タカシが急に話し始めた。

タカシ「俺らは覚悟決めとる。

誰になにを言われようとアユを手放す気は無いで。

その気持ちは全員一緒や。
8人の超特急が嫌やったら下車でも何でもしてくれてええ。

...俺な、思うんよ。

俺ら自身が楽しく活動出来んと誰を元気付けられるんかなって。
誰を幸せな気持ちにできるんかなって。

俺らが楽しく、笑顔で歌って踊って喋るから9号車のことも笑顔にできるんちゃうかなって。

だから俺らはまず、俺らが楽しく活動できる環境で超特急として駆け抜けたいんよ。」


カイ「え、ちょ!

アユ泣いてる!」

『ご、ごめなさっ...

泣くのズルいって分かってるんですけど...』

コーイチ「泣かんといてやー!」

タカシ「え、どないしたん!」

『いや...』

大きく深呼吸して息を整えた。


『正直、私がここに居ていいのかずっと迷ってて...

ステージ上がっても迷いが吹っ切れなくて...

でもタカシの話聞いてたら、

みんなは覚悟決めて私を迎えてくれたのに
私がこんなんじゃみんなに失礼だよなって思って...

ごめんなさい...』


タカシ「ええねんって!」

ユースケ「そーだよー!」

ユーキ「アユは何でも溜め込みすぎなんだよー笑」

タクヤ「相変わらずバカだな」

カイ「バカは言い過ぎ笑

アユも色々思うところはあるんだろうけど、
もうちょっと頼ってほしいな。」

リョウガ「そうだぞ!

何のために7人居るんだよー」


もういつの間にか、ファンの事なんて忘れてた。


7人とファンの空気を羨ましがってた私が

ファンを置き去りにしてでも7人との空気を持てた。



カイ「あ、なんか俺らだけで勝手に盛り上がっちゃったね苦笑

みんなついて来れてる?」

ファン「...」

ユーキ「じゃあ...

俺らの気持ち、受け入れてくれる人ー?」


ファン「はーい...」

ぽちぽち...って感じかな。。

リョウガ「おー!

理解してくれた人がいたよ!」

コーイチ「ホンマおおきに!」

タカシ「感謝やで!」

カイ「じゃあ...

そろそろ時間も迫ってるし、やりますか!笑」









ユーキ「終わったー!」




「お疲れ様。

でもここからが本番だ!頼んだぞ?」

『はい。』

コーイチ「Aー!

囲み取材行くでー!」


『うん!すぐ行く!

じゃあ、失礼します。』


「おう!しっかり喋ってこい。」

52→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
379人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , 草川拓弥タクヤ , コーイチタカシ   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あっしゅ(プロフ) - MIKA24327755さん» ありがとうございます(*´∇`*) (2月19日 14時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)
MIKA24327755(プロフ) - ありがとうございます!応援します! (2月19日 13時) (レス) id: febd0eb0fd (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - MIKA24327755さん» 3の方から徐々に進んでいるとは思うのですが...作者はお話のつもりで作っているので、最終的な所はお話を読んで知って頂きたいと思っています。 (2月11日 8時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)
MIKA24327755(プロフ) - mainの拓哉とはどうなっていくんですか??? (2月10日 22時) (レス) id: febd0eb0fd (このIDを非表示/違反報告)
あっしゅ(プロフ) - ムラサキさん» すみません...!ありがとうございますm(_ _)m (12月6日 22時) (レス) id: 42ae30bd04 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あっしゅ | 作成日時:2017年9月4日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。