占いツクール
検索窓
今日:19 hit、昨日:18 hit、合計:40,348 hit

43 ページ43

川西サイド



正直Aちゃんと会うのは乗り気ではなかったが、会えるとやっぱり嬉しかった。



友達の真奈美ちゃんも思ってた以上に僕ら見て喜んでくれたし。



「やっと気付いてくれたんやな」



そう。やっと僕が芸人ってことも知ってくれた。



「あっ、本当に全然知らなくて…真奈美に聞いてたのに分からなくて。和牛食べたいなんて言ってすみませんでし『ガン!』



えっ、またぶつけたやん。



「A、大丈夫!?」



「Aちゃん、大丈夫か!?」



「奥から氷取ってこようか?」



なんだかおかしくなって、みんなが心配している中、一人で大笑いしてしまった。



「Aちゃん、おでこ大丈夫そう?」



「大丈夫です…よくぶつけるんで」



「やっぱAちゃんは意外と抜けてるなあ」



「…やめてくださいよぉ…」



そう言いながら恥ずかしそうに目を伏せる彼女はやっぱり可愛くて。愛おしくて。



「まだ笑ってるんですか…」



「ごめんなあ、もう笑うのやめるわ」



あかん、全然止まらへん。



「川西さん!もういいです。私ママとお話しします。ねえママ、聞いて」



あっ、怒った。



「こないだ私ね、最近できた神戸のものすっごく大きいショッピングモールまで買い物行ったんです」



その言葉を聞いて思わず笑いが止まる。



そうや。いくら僕が好きでもAちゃんは…



不思議そうに見ているAちゃんに、聞いてみた。



「Aちゃん、それってこないだの土曜日の話やんね?」



「えっ、どうしてわかったんですか?」



驚いているAちゃん。



「そんとき仕事で来ててん」



しばらく考えていたが、思い当たったようで。



「そういえばエスカレーター降りているときに、テレビカメラ、見ました」



…テレビカメラ見たのに僕らのことには気づかへんかったのかと、若干残念な気持ちになる。



「誰と来てたん?」



「一人ですけど」



「ほんま?」



「そうですよ。買い物終わって帰ろうとしたときに、テレビカメラを見たんです」



買い物終わってたん?



「…なんだ」



とんだ早とちりをしていた。



「えっ?」



「てっきりデートかと思ったわぁ!」



なんだ、なんだ。一人で買い物かあ。



それにしてもアホやなあ、自分。買い物袋さげてるのにこれからデートな訳ないやん。



あー、これでやっとAちゃんと楽しく飲めるわあ。

44→←42



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
147人がお気に入り
設定キーワード:和牛 , 川西賢志郎 , 夢主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さら(プロフ) - 黄色パーナさん» コメント、ありがとうございます!毎日更新というわけにはいかないですが、これからも頑張って書いていきますので、よろしくお願いします。 (4月14日 9時) (レス) id: abcbda1e9b (このIDを非表示/違反報告)
黄色パーナ - 愛読しています!更新楽しみにしています(*^▽^*) (4月14日 7時) (レス) id: ceaebda915 (このIDを非表示/違反報告)
あやかちん(プロフ) - さらさん» なるほど……そんなことが… (4月9日 22時) (レス) id: 34fff6315e (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - あやかちんさん» というのも私の母はまなみと名付けたかったそうで。でも、私のおばさんの名前が真由美で、似ていてまぎらわしいからという理由で、結局今の名前になったそうです。(これ、本当です。) (4月9日 21時) (レス) id: abcbda1e9b (このIDを非表示/違反報告)
さら(プロフ) - あやかちんさん» 真奈美ちゃんの作戦は考えました!気に入ってもらえてよかったです。ちなみに私も名前がまなみになっていた可能性があったんです。 (4月9日 21時) (レス) id: abcbda1e9b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さら | 作成日時:2019年3月24日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。