占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:215 hit、合計:3,429 hit

猫の血族/クッキー 真白 里桜 ページ37




振り向くと、────ただ黒猫が歩いてるだけだった。


「なーんだ、黒猫ちゃんかぁ。よしよし、おいで〜」

『何言ってるんだ、あんたも同類なのに』


どこからか、声がした。


「だ、誰!?」

『ここだよ、ここ』


だから、誰!?


『だから、あんたの目の前にいる黒猫だって!!』

「ええぇっ!?」


猫がしゃべったああぁぁ!!


「猫ちゃんしゃべれるの!? 何で今まで『ニャー』しか言ってくれなかったのよ!?」

『あのさ…………。あんたと意思疎通できるのは、あんたが「こっち側」の血族だから。ただの人間と会話なんて、できるわけないんだって』

「えと、こっち側の血族って何?」


すると、黒猫は、はぁ…………。とため息をつく。


『あんた、半分は猫の獣族なんだよ。半分は人間だけど』

「…………そ、そうなんだ」

『そうなんだ、じゃなくてさ…………。まあ、いいけど』


呆れたように首を振る黒猫。


『で、あんたは話すだけじゃなくて、猫と人間、両方の姿をとれるの。だから同類だって言ってんのにさ…………』

「そうなんだ…………」


すると、ボフン! と音がする。
何かと思って見ると、目の前には黒髪の人(ただし猫耳つき)が立っていた。


「だからまた、誰なn…………」


ガチャ


後ろで、扉が開く音がした。見ると、有さん本人がいる。
あたしは、とっさに追いかけた。


「ちょ、ちょっと待って! 有ちゃん、占ツクの作品あったって、本当?」

「……うん。でも…………ご飯、先。…………ね?」


あ、言われてみれば、お腹空いてる。こっちに来てから何も食べてないんだ、当然だろう。


「あぁ、うん! あたしも行っていい?」

「…………うん」


黒猫さん(?)のことは、とっくに頭から飛んでいた。


ーーーーー




食堂につくと、


「…………ちょっと待ってて」


と言って冷蔵庫をごそごそとあさりだした有さん。


「なんだよ人の血って…………」


とか不穏な声が聞こえたけど、まあ、なんでもありな街だ、スルーしてあげよう。
ぼーっと待ってると、有ちゃんが持ってきたのは、チョコクッキー。まだ熱々だから、きっと焼きたてを作ってくれたんだろう。
1枚つまんで、かじってみる。
サクッと軽やかな音がして、ほどよい甘味が口に広がった。

なにこれ! めっちゃおいし〜!!

あまりのおいしさに、あたしは、つい何枚も食べてしまった。
そして、食べながらいっぱいおしゃべりして、有ちゃんとも仲良くなれたのだった。

ルールがない世界なら……千登勢→←お片付けしないとね 【名無しのチート】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.2/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Mashiro Lio(プロフ) - 終わりました! (17分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
Mashiro Lio(プロフ) - 更新します! (25分前) (レス) id: 6bdf3daa52 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新しました!無駄に長いです。すみません。 (8時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
澪 -rei-(プロフ) - 更新します! (9時間前) (レス) id: 72f8d10893 (このIDを非表示/違反報告)
名無しのチート(プロフ) - おわりました!! (6月15日 10時) (レス) id: 6216eeef7c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年6月1日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。