占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:27 hit、合計:6,713 hit

隣の人は 真白 里桜 ページ40



誰もひどい人じゃないよね!
あたしは、意を決して左隣を見た。

その人は、紫のロングヘアに、深い青のベレー帽をのっけてる。海のような透き通る目は、あたしを見てきょとんとした。


「えっとあの、あたしっ、真白 里桜っていいます!」


とりあえず名乗る。
すると、その人? はメモ帳とペンを取り出し、さらさらと何か書いた。


【初めまして、千登勢といいます。好きに呼んでくれて大丈夫です。】


え、これって筆談、だよね。もしかして、耳が聞こえないのかな。

どうしよう!? 手話とか指文字とかいるの!? どっちも簡単な自己紹介しかできないのに! でも、千登勢さんが読唇術やってたりしたら逆に失礼かも!

その間に、千登勢さんは、またメモ帳にさらさらと何かを書く。


【生まれつき失声症なので、筆談でお願いします。】


あ、失声症なんだ。きっと、辛いんだろうな…………。


「ってことは、耳は聞こえるんですね」

【ええ】

「じゃ、じゃあ、あたし真白 里桜です! まだ来たばかりでよくわからないけど、よろしくお願いします!」

【私も昨日来たばかりなので大丈夫です。こちらこそよろしくお願いします。】


と、そのとき、


「できましたよ。とりあえず、卵焼きとサラダで。パンとジャムはセルフサービスで」


と言って、誰かが出てきた。それと共に、卵焼きの匂いが漂ってくる。

うげ。これはヤバい。


「あの、ご、ごめんなさい、換気扇回して誰か…………」


そう言っても、今のあたしのか細い声じゃ、誰も気づかない。多分、千登勢さんも気づいてない。
その間にも、どんどん気分が悪くなっていく。あたしは鼻と口元を押さえ、何とか耐えようとした。


我慢我慢、我慢我慢。
こんなの、小学生のとき無理矢理食べさせられたオムレツよりも断然ましなんだから!
中学のときも、少しなら卵スープ飲めたんだし、給食のビビンバの錦糸卵も少しは食べられたんだし! 久しぶりとはいえ、たかが匂いでやられるもんか…………!


コト、と、あたしの前に卵焼きが置かれて、現実に引き戻される。すると、あの苦手な匂いが、再び鼻をついた。それまで口呼吸することで防いでたのが、鼻の方へ流れたのだ。



けれど、それにしては匂いが強すぎる。
もしかして、猫の嗅覚まで手に入れちゃったのかな。


「の、ごうぇ、なさ…………!」


鼻を押さえたままなるべく「ごめんなさい」と聞こえるように言うと、





あたしは、食堂を飛び出した。

キッチンへGO 鳴く狐→←路地裏にて初迷子。からの無事到着 流星(るい)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鳴く狐(プロフ) - 修正失礼しました。 (6月2日 11時) (レス) id: 164fe814fa (このIDを非表示/違反報告)
鳴く狐(プロフ) - ちょっと修正します。 (6月2日 11時) (レス) id: 164fe814fa (このIDを非表示/違反報告)
三日月桜(プロフ) - 修正終わりました (6月2日 1時) (レス) id: 4138aa2156 (このIDを非表示/違反報告)
三日月桜(プロフ) - ちょっと修正にいきます (6月2日 1時) (レス) id: 4138aa2156 (このIDを非表示/違反報告)
グランディ(プロフ) - 続編作成しましたー、これからも宜しくお願いします!!【https://uranai.nosv.org/u.php/novel/vahanaito95/】 (6月1日 23時) (レス) id: 12bfae36c2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年5月4日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。